• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
放射能を気体の1000倍も濃縮して東京に降下した東電福島第一原発からの粒子状セシウムの危険

サムネイル出典:

放射能を気体の1000倍も濃縮して東京に降下した東電福島第一原発からの粒子状セシウムの危険

Author:
Fossils15Fossils15
Posted date:
放射能を気体の1000倍も濃縮して東京に降下した東電福島第一原発からの粒子状セシウムの危険

セシウムの89%はガラス粒子 東電福島第一原発事故で東京への降下物に含まれていた

 東京電力福島第1原発事故の発生から4日後に東京に降下した放射性セシウムの89%は、ガラス状の微粒子に溶け込んだ状態だったとの研究結果を、九州大の宇都宮聡准教授らが27日までにまとめた。
 セシウムは雨などで洗い流されると考えられていたが、直接的に除去する方法でなければ環境に存在し続ける可能性があるという。チームは「健康への影響について考え直す必要がある」としている。
 チームは、事故発生後の2011年3月15日、原発から約230キロ離れた東京都内で採取された放射性降下物を分析した。(共同)

出典:セシウムの89%はガラス粒子 原発事故で東京への降下物分析:社会:中日新聞(CHUNICHI Web)

	

茨城県つくば市で採集された放射性粒子のフィルター上での分布写真(Nature誌に発表された別の研究)

福島事故から東京へ降下した放射性セシウムの主要化学形態~ガラス状微粒子への濃集

福島原発事故の数日後、拡散した放射性物質が東京都心に降り注いだ。これらの放射性物質は、これまでにつくばなど各地で検出されている不溶性ガラス状微粒子「glassy soot」に沈着していることが分かっており、そのほとんどが雨や流水に溶けることなく、除染などで物理的に取り除かれるまで環境中に留まっている。この粒子には、放射性セシウムが濃集されており、粒子の拡散による環境への影響は未解明である。このことに関する研究成果が、横浜のゴールドシュミット会議で発表される。

東日本大震災で発生した津波によって、福島第一原子力発電所(FDNPP)から134Cs(半減期:2年)と137Cs(半減期:30年)を含む大量の放射性物質が放出された。

九州大学宇都宮聡准教授の率いる研究グループは東工大、ナント大学、スタンフォード大学と共同で、FDNPPから230 kmの東京都内から採取された大気エアロゾルサンプルを分析した。セシウムは水溶性であるため、そのほとんどが雨水中に溶けて拡散したと予測されていたが、最先端顕微鏡技術と浸漬実験により、大部分がメルトダウン時に形成されたガラス状微粒子に取り込まれた状態で地表に降り注いだということが明らかになった。

この研究の結果、放射性セシウムは、ケイ酸ガラスに取り込まれた状態で、Fe-Znを主とする酸化物とともに粒子を形成していることがわかった。このケイ酸ガラスは、FDNPPの1号機または3号機の格納容器内で起こったメルトダウンした炉心と周囲のコンクリートの反応によって形成されたと考えられている。これらの微粒子は~1 μmの大きさしかないが、高濃度のセシウムが含まれており、放射線量は1グラムあたりに換算すると4.4×1011 Bqとなっている。これは福島の一般的な土壌1グラムあたりのセシウム放射線量の107~8倍という高い放射線密度になっている。

この研究ではさらに、微粒子の構造分析によって、事故当時の原子炉内での状況の一部が明らかになった。温度が2200K以上に達した核燃料は圧力容器を溶かし、原子炉内に放出された放射性セシウムはナノ粒子を形成した。その後、セシウムナノ粒子はFe-Znナノ粒子及びコンクリート由来の気体と反応し、ケイ酸ガラスのナノ粒子となって拡散された。

2011年3月15日に東京で採集したエアフィルターを分析した結果、放射能の80~89%は高濃度セシウム含有微粒子によるものであり、これまでに想定されていた水溶性セシウムよりも大きな割合を占めることが分かった。

宇都宮聡博士の談話:

「この研究によって、これまで福島の事故による放射性降下物に関して私たちが仮定していたことが少し違っていた、ということが明らかになりました。当初から行っていた、表層土の洗浄および除去、という手順は、正しかったと思われます。ただ、放射性セシウムは微粒子に濃縮されていることがわかったことで、環境中におけるこのような微粒子の挙動を含めたセシウム移行挙動や、この微粒子による健康影響に関しても考慮する必要が出てきた、と言えるでしょう。」

出典:福島事故から東京へ降下した放射性セシウムの主要化学形態~ガラス状微粒子への濃集~ | EurekAlert! Science News

	

フランス・ナントのSUBATECH研究所の所長であり、東海村の国立研究開発法人日本原子力研究開発機構・先端基礎研究センターの界面反応場化学研究グループ長であるバーナード・グラムボウ教授のコメント。

「最先端のナノ界面科学装置による観測は極めて重要です。このような観測は、福島の事故が起きた原子炉から東京への放射性セシウムの長距離大気輸送についての我々の理解を変化させる可能性があり、しかし、一方では人間に吸入されるセシウム微粒子の吸入線量を評価する方法にも変化をもたらす可能性があります。実際のところ、不溶性のセシウム粒子の生物学的半減期は、水溶性のものに比べてより長いと思われます。」

出典:福島事故から東京へ降下した放射性セシウムの主要化学形態~ガラス状微粒子への濃集~ | EurekAlert! Science News

	

アメリカのビキニ水爆実験の放射性降下物を調べた米国立衛生研究所がん研究所のスティーブン・サイモン博士は、放射能粒子は気体の1000倍以上の放射能を濃縮すると指摘する。健康への影響について考え直す必要があるのはこのためである。

固形の放射能密度は1000倍大きい
 サイモン博士はロンゲラップ島民の大きな内部被ばくの原因を、放射性降下物中の微粒子(固形)が付着した食物を食べて、放射能を経口摂取したことにあるとしている。また、空気中にあったヨウ素131を吸入したりもしたが、それは被ばくのごく一部だったという。そして、飲み込んだ固形の放射性微粒子の放射能密度は、空気中のものよりも1000倍大きいとしている。”
抜粋: “福島原発事故甲状腺リスク アメリカ水爆実験がんリスク報告からみる”。  

出典:Amazon.co.jp: 福島原発事故甲状腺リスク: アメリカ水爆実験がんリスク報告からみる eBook: 桐生 広人: Kindleストア

	

ラットの体内に入った放射性物質が放射する放射線の軌跡

放射能の塊である粒子が生物の体内に入ると周りの細胞に集中的に長期間にわたって放射線を放射することがこの画像から分かる。被ばくした細胞のDNAが切れたり情報が撹乱されて様々な障害を起こす可能性が高まる。放射性粒子が体内に入ると、体の外側から受ける放射線と全く異なる高いレベルの被ばくを受けることになる。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
Fossils15