• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<・・・ついに顕在化!>1年間のがん患者 初の100万人超の予測。国立がん研究センターがん登録センター<高齢化の影響で・・・は嘘だ放射能被曝被害の統計データが顕在化し始めた>がんの、り患数は今後もしばらくは増え続ける見込みだ

<・・・ついに顕在化!>1年間のがん患者 初の100万人超の予測。国立がん研究センターがん登録センター<高齢化の影響で・・・は嘘だ放射能被曝被害の統計データが顕在化し始めた>がんの、り患数は今後もしばらくは増え続ける見込みだ

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
<・・・ついに顕在化!>1年間のがん患者 初の100万人超の予測。国立がん研究センターがん登録センター<高齢化の影響で・・・は嘘だ放射能被曝被害の統計データが顕在化し始めた>がんの、り患数は今後もしばらくは増え続ける見込みだ

1年間のがん患者 初の100万人超の予測。ことし、国内で新たにがんと診断される患者は101万人に上り、初めて100万人を超えるとする予測を、国立がん研究センターが発表しました

世界の傾向はガンは減っている・・・増え続けてるのは日本だけ・・・その原因は放射能被曝以外に何がある?

がんの患者数の予測は、毎年、国立がん研究センターが国や自治体のがん対策に役立ててもらおうと行っているものです。
それによりますと、ことし1年間に新たにがんと診断される患者は男性が57万6100人、女性が43万4100人の合わせて101万200人で、去年の予測よりも2万8000人増え、初めて100万人を超えるということです。
がんの種類別に見ますと、男性では、前立腺がんが最も多く9万2600人、次いで胃がんが9万1300人、肺がんが9万600人、大腸がんが8万4700人、肝臓がんが2万9000人などとなっています。
また、女性では、乳がんが最も多く9万人、次いで大腸がんが6万2500人、肺がんが4万3200人、胃がんが4万2600人、子宮がんが3万200人などとなっています。
一方、ことしのがんの死亡者数は、男性が22万300人、女性が15万3700人の合わせて37万4000人と予測され、去年の予測に比べおよそ3000人増加するということです。この結果は、インターネット上の「がん情報サービス」で公開されています。
国立がん研究センターがん登録センターの片野田耕太室長は、「高齢化の影響で、がんの、り患数は今後もしばらくは増え続ける見込みだ。国や都道府県などはこれらのデータをがん対策の立案や評価に役立ててほしい」と話しています。

出典:1年間のがん患者 初の100万人超の予測 | NHKニュース

	
1年間のがん患者 初の100万人超の予測国立がん研究センターがん登録センター「高齢化の影響で、がんの、り患数は今後もしばらくは増え続ける見込みだ。」

⇒高齢化のせいにされている
	
今年、ガンでなくなる方は37万人、ガンと診断される方は101万人とのことです。明日は我が身か?貧乏でもいいから健康でいたいー❗
	
【がん患者、初の100万人超、ガンとダイエットの関係とは?】 アメーバニュースの中にがん患者がどんどん増えていて、(なんと去年だけで約2万8000人増!)初の100万人超えになりそ...
	
🔴新たなガン患者100万人初めて突破と予測結果発表
2014年日本でガン患者続発との予言あった
2015年多くの人が2016年更に多くの人が
国立ガンセンター予測
今年亡くなる人37万4千人過去最高30年頃まで新たなガン患者増える見通し
米国ガン協会死亡者過去20年間で22%減
	
1年間のがん患者 初の100万人超の予測 | NHKニュース
単純計算で120人に1人がガン患者になるって完全に他人事では無いし。
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21