• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<・・・生情報にて、自己判断+自己責任で拡散希望! 読めばわかる> あなたは日本で流れている情報を、鵜呑みにしていませんか? アメリカと中国の関係

サムネイル出典:

<・・・生情報にて、自己判断+自己責任で拡散希望! 読めばわかる> あなたは日本で流れている情報を、鵜呑みにしていませんか? アメリカと中国の関係

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
<・・・生情報にて、自己判断+自己責任で拡散希望! 読めばわかる> あなたは日本で流れている情報を、鵜呑みにしていませんか? アメリカと中国の関係

以下は、日本で検索しても、絶対にヒットしてこない情報です。     「こういう情報を見ることができなくなっている」

米海軍太平洋艦隊 「総司令官」 のハリー・ハリスです
私達は中国の参加を歓迎します
ぶっちゃけて言ってしまえば、太平洋で中国の軍事力が成長することを歓迎しています
それには何の問題もありません
<*日本で報道されているニュアンスとは、かなり違いますね>

出典:twitter@WarIsOver1945 | 議員にFAXを送ろう | 反安保 反原発

	
日本のマスコミが誹謗中傷するような米中の間に険悪な空気はないようだ!

内戦のイエメンに取り残された日本人を
「中国海軍が救出してくれた」 ことを、知っていますか?

 「中国海軍による救出作戦」 の詳細は
他の多くの国で、熱狂的な拍手とともに大きく報道されています

知らぬは 「当事者である日本人」 ばかり
昭和の戦争も真っ先に戦争を煽ったのはマスコミ各紙だった・・・原因は新聞の売り上げが減り続けたとき勇ましい記事を報道すると売り上げが伸びた~それで煽り始めると売り上げがぶり返したから・・・という社会背信そのもの

フクシマにも中国は、救援活動に来てくれています 残念ながら、これらの画像も、海外サイトからしか手に入りません 何故なのでしょう? 以下はまぎれもなく日本のフクシマであり、「外国人記者によって撮影」 された画像です

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21