• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
汚染地域で採集した蝶成虫『子の世代の約5割で異常』  被ばくした親から生まれた子の世代、遺伝異常の発生頻度が高率(琉球大学)

サムネイル出典:

汚染地域で採集した蝶成虫『子の世代の約5割で異常』 被ばくした親から生まれた子の世代、遺伝異常の発生頻度が高率(琉球大学)

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
汚染地域で採集した蝶成虫『子の世代の約5割で異常』  被ばくした親から生まれた子の世代、遺伝異常の発生頻度が高率(琉球大学)

東京都内では汚染度の高い葛飾区の採取した4,780Bq/kgのセシウムが検出された土壌の上に直置きした蚕が、60匹中3匹、つまり95%が3週間程度で死滅してしまったという実験結果。 しかも、直置きの方の生存した3匹の蚕は巨大化してしまっているようであり、遺伝子に変異。 一概に同列に語ることは出来ないにせよ人間にも待ち受けている未来は本当に恐ろしい。

『ヒバクチョウが実証されました・フクシマでシジミ蝶に遺伝異常』(琉球大学)

・被爆によって生殖細胞の遺伝子が傷つけられ、
 子や孫世代にも異常が引き継がれること

・福島で採れた草をエサとして与えることで低線量の内部被曝をさせると、
 沖縄のチョウにも福島と同様の異常がでること

ヤマトシジミは人が生活する場所に多く生息する。
チームは昨年5月と9月、福島県内のほか茨城、東京など計10カ所で採集した。
5月に集めた成虫144匹から生まれた卵をふ化させて育て、
孫の世代まで調べたところ、
いわき市や広野町など福島県内のチョウは、
子の世代で死ぬ 確率がほかの地域に比べ高かった。
線量が高い地域ほどオスの羽のサイズが小さくなっていた。
子の世代では全体の約2割で羽の配色パターンや
斑点の数などに 異常があり、親の世代よりも1・5倍高い発生頻度だった。
9月に採集した成虫約240匹では、子の世代の約5割で異常が見つかった。

出典:http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/9f3df8d5083b1cdaa279d0a25de4b8dd

	

東京都内では汚染度の高い葛飾区の土壌の上では、 人間よりも生命力の強い蚕でも95%死滅してしまった

東京都内では汚染度の高い葛飾区の採取した4,780Bq/kgのセシウムが検出された土壌の上に直置きした蚕が、60匹中3匹、つまり95%が3週間程度で死滅してしまったという実験結果が出たとのことです。

直置きの方の生存した3匹の蚕は巨大化してしまっているようであり、遺伝子が変異してしまったのかもしれません。

一概に同列に語ることは出来ないにせよ、この蚕の実験結果が、人間にも待ち受けている未来だとしたら、本当に恐ろしいことです。

出典:http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/9f3df8d5083b1cdaa279d0a25de4b8dd

	

子供の先天的な病気が親の生殖細胞の突然変異で起きた割合 汚染のほとんどない地域では68%、汚染地では89%に達した。

子どもに見られる血液の細胞の染色体異常が親にも見つかれば、
親にも先天的な病気があり、それが受け継がれたものと考えられる。
親に染色体の異常が見られない場合は、
被曝も含む何らかの理由によって、
親の生殖細胞の染色体に突然変異が起きたと考えられる。
その突然変異の割合を、汚染地と、それ以外の地域で比べた。
子どもの先天的な病気が親の生殖細胞の突然変異によって
起きた割合は、汚染のほとんどない地域では68%、
これに対して汚染地では89%に達した。

出典:http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/9f3df8d5083b1cdaa279d0a25de4b8dd

	
(8)放射線被ばくを受けた人から生まれた、子どもや孫に害が及ぶかどうかは、100年以上経たないとわからない。
ところが、放影研は原爆の被爆者の子どもさんが30代・40代のデータで「遺伝子異常はない」と結論付け、国もそう言っている。
	
漫画いちえふの作者被爆者代表を批判お孫さんが亡くなったのは貴方が被曝したからでないストロンチウムで巨大腫瘍が孫の代迄引き継ぐ遺伝子異常で被曝で発生した双頭の奇形児の記事を書く被ばくの影響は孫の世代迄引き継ぐ事が実験調査で分かる
	
	
ヴェルテレッキー博士によると、汚染区域のきのこをひとつ食べるだけで、何百もの胸部レントゲンと同量の放射能被ばくを受けるかもしれず、この蓄積は妊婦で最も懸念がある。放射能は、先天性奇形を起こすだけでなく、遺伝子異常を起こして将来の世代への長期の影響を与えることができるからである。
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21