• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
子供向け童話ぐりとぐらが何かおかしくなっていく

サムネイル出典:

子供向け童話ぐりとぐらが何かおかしくなっていく

Author:
moepapamoepapa
Posted date:
子供向け童話ぐりとぐらが何かおかしくなっていく
人気童話のぐりとぐらの表紙がおもしろおかしく魔改造されたものをご紹介。

ぐりとぐらとは

『ぐりとぐら』は、中川李枝子(作)・山脇百合子(絵)による子供向け絵本のシリーズ。双子の野ねずみ、「ぐり」と「ぐら」を主人公とする物語。福音館書店から単行本が出版されており、2015年現在、シリーズ累計発行部数は関連書籍も合わせると2,490万部を超える。シリーズ1作目の『ぐりとぐら』は、2015年の時点では472万部発行されている。
	

本来は真面目な童話なのですが、語呂のよさから表紙を様々なコラ画像作成で遊ぶ者が多々登場、秀逸な作品を生み出しています。

すさまじい魔改造作品

ひかれてるw

ぐりもぐらもいない系

参考

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
moepapa

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作をメインにしつつ、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 運動も大好きで、変わったスポーツ、運動場には足しげく通っている。