• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
かっかわいい!池内さおりさん。2014年第46回衆議院議員総選挙で当選したメガネ女子

サムネイル出典:

かっかわいい!池内さおりさん。2014年第46回衆議院議員総選挙で当選したメガネ女子

Posted date:
Update date:2014年12月30日
かっかわいい!池内さおりさん。2014年第46回衆議院議員総選挙で当選したメガネ女子

今日、何も考えずにニュースを見ていたら総選挙の当選した人を紹介している特集があって、いろんな人が映される中、池内さおりさんが画面に映った瞬間に僕はハートを射抜かれてしまいました。一目惚れしてしまったので、どんな人なのかをすぐさま調べて記事にいたしました。

やっぱり、メガネ女子は最高です。ちょっと気が強そうなところも高ポイントで、なじられた後に優しくされたりしたら・・・最高ですね笑

池内さおりさんとは?

池内さおり

画像をクリックで拡大

池内さおり

1982年9月15日、愛媛県松山市に生まれる。2001年愛媛県立松山東高等学校卒業後、中央大学法学部法律学科に入学。在学中ロックバンドを結成した。21歳のとき、小林多喜二の生き方に感銘を受け日本共産党に入党。

2006年に卒業後、民青同盟東京都委員会に勤務。同年12月に東京都委員会副委員長。2009年の第45回衆議院議員総選挙に東京12区より出馬するも落選。2012年の第46回衆議院議員総選挙に東京12区より出馬するも落選。2013年の第23回参議院議員通常選挙に参議院比例区より出馬するも落選。

2014年の第46回衆議院議員総選挙に東京12区より出馬。小選挙区では敗れたものの比例東京ブロックにて当選した

池内さおりさんのかわいい画像を集めてみた

池内さおり

画像をクリックで拡大

池内さおり

画像をクリックで拡大

池内さおり

画像をクリックで拡大

池内さおり

画像をクリックで拡大

池内さおり

画像をクリックで拡大

池内さおり

画像をクリックで拡大

池内さおり

画像をクリックで拡大

池内さおり

画像をクリックで拡大

池内さおり

画像をクリックで拡大

池内さおり

画像をクリックで拡大

かっかわいい・・・好きだー!!

池内さおりさん、初登院するべく国会にて

池内さおり

画像をクリックで拡大

池内さおり

画像をクリックで拡大

池内沙織氏「いよいよ戦いの日々始まる」

 衆院選を受けた第188特別国会は24日、召集された。衆院選で初当選を果たした新人議員たちは、国会議事堂で議員バッジを受け取り、思い思いの胸の内を語った。

 衆院選で躍進した共産党の「象徴」といわれる池内沙織氏(32=比例東京ブロック)は、初登院の際、「いよいよ戦いの日々が始まる。身が引き締まる思いです」と笑顔で語った。

ストライプのスーツの下には、「いちばん好きな色」だという、スカイブルーのニットを着用。「官邸前での行動などに参加して、国民の地鳴りのような怒りを実感してきた。あのみんなの思いをまっすぐ届ける立場で、戦って生きたい」と、早くも戦闘モード全開だった。

出典:池内沙織氏「いよいよ戦いの日々始まる」 - 政治ニュース : nikkansports.com

池内さおり「若者の安定した雇用の確保、女性が働きながら子育てしやすい社会づくりに力を入れたい」と語る

今回選で議席数を8から21に増やし、躍進した共産党。東京12区で敗れ、比例復活で初当選を果たした同党の池内沙織氏(32)は、イメージカラーのスカイブルーのカーディガンを着て初登院した。自らを若者の代表と称し、「若者の安定した雇用の確保、女性が働きながら子育てしやすい社会づくりに力を入れたい」と意気込んだ。

出典:新人や返り咲き、思いさまざま…当選議員初登院 : 政治 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

池内さおりさん関連サイト

池内沙織 - Wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%A0%E5%86%85%E6%B2%99%E7%B9%94

池内さおりFacebook

https://www.facebook.com/saolyn.ikeuchi

池内さおりTwitter

https://twitter.com/ikeuchi_saori

池内さおりホームページ

http://saori-ikeuchi.com/

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
マツオカソウヤ

プログラマー。Sharetube作ってる人。サーバ周り、サービス設計、システム、デザイン、執筆を手掛ける。SNSのJoinchrome、ソーシャルRSSのBazzfeed、TwitterアプリのPicleの失敗を経て、今に至る。今日もまた東京の何処かでコードと記事を書いています。