• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【2017年】ムーミンのテーマパークが日本でもオープンすることが決定!

サムネイル出典:

【2017年】ムーミンのテーマパークが日本でもオープンすることが決定!

Posted date:
Update date:2017年05月07日
【2017年】ムーミンのテーマパークが日本でもオープンすることが決定!
日本で根強い人気のムーミン。そのテーマパークが、フィンランド以外で世界で初めて日本にできることが決定しました!埼玉に2017年にオープン予定のムーミンテーマパーク「メッツア」。どんなテーマパークになるのかとても楽しみです♪

日本で根強い人気のあるムーミン

昨年、ムーミン生誕100周年で、カフェやいろんなグッズが発売されましたが、日本での売上は、昨年までの10年間で、売上高が6倍になっているそうです。日本の売上が、なんと世界の50%近くあるというから、どれだけ日本人がムーミン好きかわかります。

出典:ムーミンテーマパークが日本に2016年オープン|場所はどこか予想

日本の売り上げが世界の50%近くもあるなんてどんだけ日本人ムーミン好きなんだ笑

そんなムーミンのテーマパークが日本にもできることが決定!

もい!ムーミンテーマパークに関する記者会見がこれから始まるよ!もうまもなく建設地が明らかに!どこになるんだろう…わくわく。
	
北欧フィンランド生まれの人気キャラクター・ムーミン谷の仲間たちをモチーフとしたテーマパーク「Metsa(メッツア)」が、埼玉県飯能市に誕生することが30日、都内で行われた会見で発表された。

出典:ムーミンのテーマパーク日本にも誕生 2017年、埼玉飯能市に (オリコン) - Yahoo!ニュース

	
フィンランドにはすでに「ムーミンランド」があるのですが、フィンランド以外では初めてのムーミンランドが2016年に日本にオープンの予定です。

出典:ムーミンテーマパークが日本に2016年オープン|場所はどこか予想

	
埼玉にムーミンのテーマパークだとぉ~!?
	
ムーミンのテーマパークもできるし、本当、ここ2年最高やな。
	
2年前にフィンランド大使館が「日本にムーミンのテーマパークを建設し、2015年のオープンを目指す」と発表して以来、謎が謎を呼んでいたムーミンテーマパーク。6月30日、その今後の展開についての記者説明会が行われました。

出典:【速報】謎だらけの「ムーミンテーマパーク」の公式発表キタァー!!! 2017年埼玉県飯能市の宮沢湖にオープンするよ♪

	
ムーミンのテーマパークに絶叫系のアトラクションは似合わないな…
どんなの出来んだろ、、
キャラクターももちろんいるだろうけど、ニョロニョロの着ぐるみとか、、www
	

「ムーミン」をテーマにしたテーマパーク「Metsa」(メッツァ)

ムーミンを主題にした施設は日本が世界初となる。東京ドーム4個分の広大なパークとなる予定。

出典: ムーミンのテーマパークが2017年に埼玉・宮沢湖周辺にオープン 面積は東京ドーム4個分

面積も大きい

「ムーミン」をテーマにしたテーマパーク「Metsa」(メッツァ)のイメージ

			
メッツァはフィンランド語で「森」という意味。ムーミンの世界にある雄大な自然だけでなく、美術館、リゾート、公園、レジャー施設などあらゆるものを包含する森のような存在を目指す。

出典: 東京ドーム約4個分:「ムーミン」のテーマパーク、2017年に埼玉県飯能市宮沢湖でオープン - ITmedia LifeStyle

	

メッツァの概念

			

建設予定地のさいたま県飯能市宮沢湖

Metsa建設にあたり、飯能市と「地方創生に関する基本協定」を締結。宮沢湖の周辺土地約18万7000平方メートル(東京ドーム約4個分)を西武鉄道から6億円で購入する予定
同施設では、ムーミンの世界を体験できる「ムーミンゾーン」と、誰もが無料で宮沢湖の自然を堪能できる「パブリックゾーン」という2つのエリアを展開。

出典: 東京ドーム約4個分:「ムーミン」のテーマパーク、2017年に埼玉県飯能市宮沢湖でオープン - ITmedia LifeStyle

	

「ムーミンゾーン」と「パブリックゾーン」

			

パブリックゾーンのイメージ

			

ムーミンゾーンのイメージ

			
都心からムーミンのテーマパークである「メッツア」へ行くには
西武鉄道池袋線「池袋」駅から「飯能」駅まで、特急レッドアロー号で40分。

意外と近いので気軽に行けるし、自然を楽しみたい場合にいいかも。
2017年の完成という事で、また一つデートや家族で行く場所が増えるので楽しみですね♪

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
マツオカソウヤ

プログラマー。Sharetube作ってる人。サーバ周り、サービス設計、システム、デザイン、執筆を手掛ける。SNSのJoinchrome、ソーシャルRSSのBazzfeed、TwitterアプリのPicleの失敗を経て、今に至る。今日もまた東京の何処かでコードと記事を書いています。