• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
千葉県のすご過ぎ!難読地名

サムネイル出典:Chiba Prefecture - Wikipedia

千葉県のすご過ぎ!難読地名

Author:
moepapamoepapa
Posted date:
千葉県のすご過ぎ!難読地名

サムネイル出典:Chiba Prefecture - Wikipedia

東京の東、大都市圏にある千葉県ですが、住んでる住民以外とても読めないようなとんでも難読地名がたくさんあると評判です。

千葉県(ちばけん)

千葉県(ちばけん)は、日本の関東地方の南東側、東京都の東方に位置する県。房総半島と関東平野の南部にまたがる。県庁所在地は千葉市。

平野と丘陵が県土の大半を占め、海抜500m以上の山地がない日本で唯一の都道府県である。地勢上、広大な可住地と長大な海岸線を持つ。

関東地方の南東部に位置する県で、三方を海に囲まれ、県土の大部分が房総半島に含まれる。起伏の少ない県であり、関東平野の一部である北部は、海岸(東京湾・太平洋)や河川(利根川・江戸川など)沿いの低地と下総台地とからなる。南部側は房総丘陵などの丘陵地帯だが、最高峰は標高408mの愛宕山であり、全都道府県のうち最高峰(点)が最も低い。標高329mの鋸山や鹿野山など、観光地化されているところもある。

出典:千葉県 - Wikipedia

	

平地の割合が大きく、可住地面積が広いことや、東京都に隣接しており首都圏の一角をなすことなどから、古くから住宅開発が進んでいる。県北西部の人口は稠密であるが、東部や中南部では多くの地域で人口の減少が進んでいる。また、一部の市町は過疎地域に指定されている。浦安市から富津市までの東京湾沿岸には広大な埋立地が広がり、京葉工業地域の中枢として市原市の石油化学コンビナートや、千葉市と君津市にある製鉄所などが立地している。一方、地勢を生かした農漁業も盛んに行われており、農業産出額、漁業総生産量とも全国で有数である。2008年度の県内総生産は19兆6889億円であり、世界の過半数の国の国内総生産より大きな規模を有している。
千葉県の県庁所在地である千葉市を中心にコンパスで円を書くと、南西諸島以外の日本列島は半径1000km圏内にほとんど収まる位置にある。千葉県の大きな地理的特性としては、広義的には関東平野に含まれるが、その大部分は、東と南を太平洋、西は東京湾と三方を海に囲まれた(房総)半島になっていることである。また、日本で唯一500m以上の山が無いという特徴もある。常に半島であるという地理的条件により、陸上交通中心の見地から袋小路的な閉鎖性が問題視されると同時に、外洋に面していることから古来から開放的で外来文化が渡来しやすいという良い側面もあった。また、隣接する都県とは利根川、江戸川、東京湾、太平洋によって画され、古くは外敵の進入を防ぐ役割や覇者の起死回生の地としての役割を担ってきた。陸上交通機関を使用した場合、野田市と我孫子市と香取市の一部地区を除き橋(トンネルも含む)を渡らずに、東京都を含む他県に行くことは不可能である。

出典:千葉県 - Wikipedia

	
	

漢字は易しいのに読みの厳しい難読地名

それほど難しい漢字を使っていないのに、意外な読みのために初見殺しと言われる地名です。

木下(きおろし)

きのしたと読むこと間違い無しの、成田手前の地名で、JR成田線の駅名になっています。

海士有木(あまありき)

海士有木(あまありき)とは、市原市にある地名である。郵便番号は290-0207。
北に海士有木駅や千葉県道292号犬成海士有木線があり、南に上総三又駅や千葉県道13号市原茂原線がある。
北が山倉、東が福増、西が大坪や相川、南が山田と接する。

出典:海士有木 - Wikipedia

難しい漢字を使っていないにも関わらず、恐ろしいほどの読めなさである。

小食土町(やさしどちょう)

ここまで簡単な漢字を使っているのに最強クラスに読めない地名も珍しいです。

漢字も難しい難読地名

神々廻(ししば)

神々廻(ししば)は、千葉県白井市の大字。郵便番号は270-1416。
白井市中東部に位置する。西縁を神崎川が流れる。北で平塚、東で十余一、南で清戸、南西で神崎川を跨いで船橋市小室町、西で神崎川を跨いで白井、北西で河原子と隣接する。難読地名の1つとされる。

出典:神々廻 - Wikipedia

とても初見では読めないレベルの高い難読地名です。

匝瑳(そうさ)

匝瑳は市の名前で、匝瑳市(そうさし)は、千葉県北東部にある人口約3万6千人の市。
こちらもとても初見では読めない、漢字も難しめ、読みも難しめの名前です。

犢橋(こてはし)

旧千葉県千葉群の地名で、千葉市花見川区の地名として現存している。とても読めない難しめな地名です。

廿五里(ついへいじ)

これはもはや読むとか言う次元じゃなく難しいです。
現地の人も大変そう。

参考

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
moepapa

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作をメインにしつつ、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 運動も大好きで、変わったスポーツ、運動場には足しげく通っている。