• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
粉もの文化の粋なんでも入れて楽しめる多彩な具のたこ焼き

粉もの文化の粋なんでも入れて楽しめる多彩な具のたこ焼き

Author:
moepapamoepapa
Posted date:
粉もの文化の粋なんでも入れて楽しめる多彩な具のたこ焼き
大阪粉もの文化の代表各たこ焼きは今ではたこ以外もなんでも入れて楽しめる新しい文化となって日々楽しまれています。

たこ焼きとは

たこ焼き(タコ焼き・たこ焼・蛸焼)は、日本生まれの粉物料理の一種である。小麦粉の生地の中にタコ(主にマダコ)と薬味を入れて直径 3-5cmほどの球形に焼き上げた、大阪発祥とされる料理である。
直径には大小の2種類があり、近年は「ジャンボたこ焼き」と呼ばれる大型のたこ焼きを売る店が増えているが、家庭では焼きやすい小型のものが多い。

出典:たこ焼き - Wikipedia

	

明石焼き・ちょぼ焼き・ラジオ焼き(ラヂオ焼き)をルーツとしており、基本的には、おやつ・間食として食べられるが、ご飯のおかずとする地域もある。
調理済たこ焼きの冷凍食品もあり、輸出入もされている。
お好み焼きとの決定的な違いとして、小麦粉を練る際に卵を混ぜるかどうかが挙げられる。 お好み焼きは卵を入れないので小麦粉は長期間保存がきくが、蛸焼きは卵を入れる関係で下地材の小麦粉は長期保存がきかない。
たこ焼きの創始者は、大阪市西成区「会津屋」の初代・遠藤留吉とされている。1933年(昭和8年)、遠藤はラジオ焼きを改良し、従来のこんにゃくの代わりに醤油味の牛肉を入れて肉焼きとして販売。1935年(昭和10年)、タコと鶏卵を入れる明石焼に影響を受け、牛肉ではなくタコ・鶏卵を入れるようになり、たこ焼きと名付けた。遠藤の故郷会津の郷土料理であるこづゆの味付けを模したダシで、小麦粉を溶いて仕上げていたという。会津屋のたこ焼きは、生地に味がついているため、何もかけずに食べるが、戦前は会津屋以外のたこ焼き屋でも出汁や醤油風味で何もかけずに食べるたこ焼きが大半だった。

出典:たこ焼き - Wikipedia

	
	

おいしそうなたこ焼きの数々

もちろん具材やかけるものはお店、個人の自由ですが、定番は、マヨネーズ、ソース、青のりなどで、焼き立てにかけてからめて食べるのが美味です。
他にも魚粉、ダシ、紅ショウガ、ゆずこしょう、など最近は様々なものをつける工夫も。

家庭用たこ焼き機も広く普及し、手軽に購入できるため、家でたこ焼きも楽しみやすくなっています。

家庭用たこ焼き機のおかげで手軽に家庭でたこ焼きパーティーなどもしやすくなって、新しい食の楽しみとして定着しています。
材料もたこ以外さほど高価でなく、スーパーで簡単に揃えられます。

材料も、メインの具からしてたこである必要はなく、様々なアレンジし放題です。牛肉や明太子、チーズなど、美味な具はたくさんあります。

具材をアレンジしてスイーツにしてしまうことも。
生地にはホットケーキミックスなどが使いやすいです。

すごいアレンジした結果、うどんに入れた例なども。
	
	

参考

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
moepapa

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作をメインにしつつ、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 運動も大好きで、変わったスポーツ、運動場には足しげく通っている。