• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【マスコミはスルー】安倍事務所が暴力団に通じる人物に選挙妨害を依頼→報酬ケチって火炎瓶を投げ込まれていた!
殿堂

【マスコミはスルー】安倍事務所が暴力団に通じる人物に選挙妨害を依頼→報酬ケチって火炎瓶を投げ込まれていた!

Author:
LOUD MINORITY.LOUD MINORITY.
Posted date:
Update date:2018年08月28日
【マスコミはスルー】安倍事務所が暴力団に通じる人物に選挙妨害を依頼→報酬ケチって火炎瓶を投げ込まれていた!
1999年の下関市長選での安倍晋三議員と地元の暴力団「工藤会」関係者とのトラブルのいきさつが、衆議院で山本太郎議員が安倍首相に質問したことから再び注目を集めはじめています。
	

2000年、安倍氏の下関にある自宅に火炎瓶が投げ込まれた

下関市の安倍氏の自宅(写真)だけでなく、後援会事務所、近隣の結婚式場まで標的になり、計5回火炎瓶が投げ込まれ、乗用車3台が全半焼する被害に。

この事件から3年後の2003年、福岡県警と山口県警の合同捜査本部のよる捜査の結果、暴力団「工藤会」系暴力団組長と組員、元建設会社社長で下関では公共工事に介入するブローカーとして有名だった小山佐市氏らが「放火未遂」容疑で逮捕されました。
地元では小山が「あれ(安倍宅への放火事件)はわしが工藤会にやらせた」「選挙妨害を頼んでおきながら安倍事務所が約束を守らんかったからや」と語っていた

出典:(2ページ目)安倍首相の不正な選挙妨害依頼と安倍事務所放火事...

	
前科8犯で暴力団にも通じていた小山氏の言い分は、当時の安倍事務所の秘書・佐伯氏の依頼により、下関市長選で安倍氏が応援していた江島氏の対立候補として立っていた野党系の古賀氏を落選させるため、選挙の半年前と選挙期間中の2回に渡って古賀氏を攻撃する怪文書を大量にばらまいたということでした
返信先: @logicalplzさん
安倍晋三は1999年の下関市長選で古賀敬章氏を落選させる目的で選挙ブローカーに選挙妨害を依頼
選挙ブローカーは「古賀敬章は北朝鮮生れ」「古賀敬章は北朝鮮の金正日の手先」などの怪文書をバラまき落選させた
下関警察署はこの選挙妨害事件を摘発することなく【免責】にした
	
安倍首相宅の放火未遂事件「主犯」が口を開いた。
小山佐市・前科8犯「安倍の推す江島潔市長(現参院議員)を追い上げていた古賀敬章の怪文書を配布した。ゴム手袋して何万部もコピーして各家に投函した。佐伯秘書が手伝ったこともある」
――こ…
	
「とにかく、安倍事務所の佐伯秘書が『古賀は朝鮮人で(注:デマ)、当選させたら下関は朝鮮に支配される』としきりにいっていた。だからワシも協力したんや」
 ようするに、安倍事務所の秘書が怪文書と同じ差別デマ、ヘイトを口にしていたというのだ」。
	
返信先: @AbeShinzoさん
写真、右は当時「前科8犯」の小山佐市氏
左は言わずと知れた安倍晋三さん 。ジャーナリストの山岡俊介氏によれば
撮影日は1997年2月23日
場所は山口市内ホテルの自民党山口県連パーティ

小山氏が安倍の自宅に火炎瓶を投げ込んだのは2000年6月 お知り合いだったのね
	
さらに、別の建設業者への取材で、小山の語っていた「小山と安倍事務所の約束」の中身も明らかになった。下関市では当時、川中地区というところで土地計画整理事業計画が進んでいたのだが、小山は市に大型ショッピングセンターのジャスコを誘致しようとしていた。安倍事務所はこの小山の利権参入計画に協力する約束をしていた

出典:「これがあるかぎり絶対に捕まらん」とブローカーが口にして...

	

小山氏との約束を裏切った安倍事務所

下関市長選では安倍氏が推す江島氏がめでたく当選。しかし、逮捕前に小山氏が地元関係者に語っていたところでは、市長選で江島市長が当選したというのに、安倍事務所は一向に約束を果たそうとしなかったと。 そこで、小山氏は妨害工作を依頼してきた安倍事務所の筆頭秘書・竹田氏と交渉し、約束を守るように記した念書を手にした。それでも安倍事務所側はのらりくらりと彼の要求をかわし続けたといいます。

「これがあるかぎり絶対に捕まらん」小山氏が地元関係者にその存在を語っていたという念書

放火された時点で、安倍事務所側は小山氏が犯人であるとは察しがついていたはずなのに警察に捜査を依頼せず。その理由がこの念書の存在ではないか。
もし事件化して小山氏が取り調べや法廷で念書を持ち出したら、安倍事務所の選挙妨害が明るみなってしまう。

佐伯に選挙妨害の依頼を受けた時、佐伯では信用できないから(上司で筆頭秘書の)竹田に電話して確認した。その時、竹田は“この件は安倍さんも含め安倍事務所全員の総意”と言うたんよ

出典:安倍宅放火未遂事件の”主犯”小山佐市への6時間の取材、提示さ...


この選挙妨害は秘書である佐伯氏の個人的な裁量によるものでなく、安倍事務所や安倍氏自身も納得ずくだった、小山氏はこうも述べています。

さらに、安倍事務所は工作の報酬を500万円→300万円に値切ろうとした

この判決文はAとかGとか書いてあるが、中身は、1999年の下関市長選挙で、安倍事務所は対立候補を誹謗中傷する業務を暴力団工藤会に依頼、依頼したのは佐伯、受けたのは小山、G議員とは安倍晋三。成功報酬は500万円だったが安倍事務所は300万円しか払わず、火炎瓶が投げ込まれた。
	
安倍晋三さんの事務所が暴力団関係者に300万円支払っていたという事実


暴力団と共謀して選挙妨害するような輩が総裁三選しそうな状況にある。
この狂った現状を受け止めねばならない。






	
返信先: @popotan555さん
安倍自身が山本太郎の質疑で認めたも同然。
ただし安倍の答弁は「俺は恐喝されたのだ(300万しかないじゃないか。約束が違う。500万円出せ)」w
	
よく読めばわかるけど山本太郎の質疑で安倍は事実を認めてるのだよw
500万の約束を300万しか払わずに恐喝されたということ。
何の金をやくざに300万払ったかが問題。

安倍晋三さんの事務所が暴力団関係者に300万円支払っていたという事実 | ガラパゴス速報
	
返信先: @PEACEke_Tweetさん
500万にしろ、300万にしろ、どこから出した?税金からの政治活動資金から?
もし500万円が出ていたら、安倍事務所のだれかが200万円をネコババ?
 
元請け(安倍事務所)が、下請け(工藤会)に支払いしなかったってことだよね。
違反
	

事件発生から3年たって逮捕された小山氏、黙り込んだマスコミ

小山氏や実行犯・工藤会系組長が逮捕されることになったのは、安倍氏の地元である山口県警でなく、福岡県警が工藤会の摘発をしている中でこの事実をつかんだため。山口県警を押し切るかたちでの事件化に踏み切ったという事情があります。 しかし、小山氏らの逮捕当時にマスコミはこの事件を後追いしませんでした。
「なぜ記事にしなかったのか」とメディア関係者を問い詰めると、必ず返ってきたのが、「当事者の小山が収監されていて、証言が取れないから」「物証である念書があれば」という答え

出典:「これがあるかぎり絶対に捕まらん」とブローカーが口にして...


当時からこの事件を追い続けるアクセス・ジャーナルの山岡氏によると、他の政治家の場合、当事者証言のないまま、記事にしているケースはいくらでもあるといいます。
2006年10月、安倍第1次政権が誕生したタイミングで、「共同通信」がこの件を記事にしようとしたことがあった。共同通信は拘留中の小山氏に面会し証言を取っていたというが、上層部の判断で結局、記事は潰されてしまった

出典:「これがあるかぎり絶対に捕まらん」とブローカーが口にして...


そのいきさつは月刊『現代』(06年12月号)で元共同記者の魚住氏、青木氏のふたりが「共同通信が握りつぶした安倍スキャンダル」と題してレポートしているそう。
もし、この事実が世に出ていたら、安倍政権は誕生しなかったのではないか?と思うほどスキャンダルではないでしょうか。

そして今年2月、13年の刑期を終えて満期出所した小山氏に取材した前述のジャーナリスト・山岡氏は、新宿の階段で転倒し頭を十数針縫う怪我を負い、小山氏は週刊新潮との取材直前に消息不明になってしまったそうで、何ともキナ臭い流れになっています。

....

	
ちなみに、この一件で下関市長となった江島氏は、後に安倍首相の後押しにで参院議員に。そして、驚くべきことにIR=カジノ法案を審議する内閣委員会の委員にもなっているのです。
暴力団が言うことを鵜呑みにして良いか、という問題があり、慎重な判断が必要だが、安倍晋三の秘書がその種の人々に謀略を指示したということ事体は真実味がある。そして、秘書が勝手にやるか、ということ。 / “安倍首相の不正な選挙妨害依頼…”
	
たかだかボクシングの会長が暴力団と関係していて首になったようだが、一国の首相が300百万円も使って暴力団に選挙応援依頼をしたのに全く報道もなく本人は全く知らん顔。そもそも政治に携わる人間が暴力団と飯食っただけでアウトだ❗
テレビは山根!山根!って騒いでるけど安倍!安倍!だろうが❗❗
	
事務所が工藤会(暴力団)に対してやった行為は違法行為。

要は、元請け(安倍事務所)が、下請け(工藤会)に支払いしなかったってことだよね。 違反

立派な ですね!






	
安倍事務所が暴力団に通じる人物に選挙妨害を依頼していた決定的証拠! 「安倍代議士に選挙妨害を報告」の記述も

鈴木五輪担当大臣「反社会勢力との関係となればこれはもう論外、論外」
行政の最高責任者が反社会勢力と通じてるなんて論外どころの話じゃないでしょ😳
	
ここまで読んでいただきましてありがとうございます!
この記事が気に入ったら、ぜひTwitter・facebookでのシェアをお願いします。

【関連記事】

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
LOUD MINORITY.

Our voice has power 日本のブラックな社会システムにドロップキックするアカウント