• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
ヒラリー・クリントンと対決 なぜシリアとリビアでアルカイダを支援したんですか?

ヒラリー・クリントンと対決 なぜシリアとリビアでアルカイダを支援したんですか?

  • Theme:
Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
ヒラリー・クリントンと対決 なぜシリアとリビアでアルカイダを支援したんですか?

もはや世界の常識:アルカイダはアメリカが作った。ヒラリー・クリントンがTVインタビューでも語る

ヒラリー・クリントンと対決 なぜシリアとリビアでアルカイダを支援したんですか? さんから
	

ヒラリー・クリントン-私達がアルカイダを作った

2012/05/24 に公開
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A...
ムジャーヒディーン(مجاهدين mujāhidīn)とは、アラビア語で「ジハードを遂行する者」を意味するムジャー­ヒド(مجاهد mujāhid)の複数形。一般的には、イスラム教の大義にのっとったジハードに参加­する戦士たちのことを指す。最近はイスラム教による連携した民兵を指すことが多い。

アフガニスタンで1978年にアフガニスタン人民民主党による共産政権が成立すると、­各地で組織された反政府ゲリラが蜂起した。彼らは自分たちの闘争をアフガニスタンのイ­スラムを防衛するジハードと位置付け、自らムジャーヒディーンと名乗った。代表的な組­織にはブルハーヌッディーン・ラッバーニーが組織し、アフマド・シャー・マスードが軍­事的に率いた「イスラム協会」や、グルブッディーン・ヘクマティヤールが率いる「ヒズ­ビ・イスラーミー」などがある。1979年にソビエト連邦軍が軍事介入すると、ムジャ­ーヒディーンはこれにも対抗した。彼らはパキスタン軍統合情報局などからの支援を受け­、ソ連軍に激しく抵抗した。
アフガニスタンのムジャーヒディーンには、アフガニスタンのみならずイスラム世界の各­地から志願兵として若者が集まってきたが、その中心人物がアブドゥッラー・アッザーム­で、ウサーマ・ビン=ラーディンもその志願兵の1人だったということが知られている。
アメリカもCIAを通じてこのようなゲリラ組織に武器や装備(有名なものではスティン­ガー対空ミサイルなど)を提供していたが、東側の兵器に比べメカニズムが高度かつ高価­であるため、損耗しても修理や補充がきかず次々に失われていったようである。ただし、­西側製の装備は上掲のスティンガー [1] や通信機器 [2] など代替が難しいものに限られ、現実的にはAK-47やRPG-7など旧ソ連系の兵器 [3] が供与されていた。
ムジャーヒディーンはこれらの援助に対する見返りの手段の一つとして、自分たちがソ連­軍との戦闘で鹵獲したAK-74やGP-25、AGS-17、2B9自動迫撃砲などの­ソ連製の最新型歩兵用兵器のサンプルを提供した。
尚、ムジャーヒディンと言われる勢力には親ソ派もおり、人民ムジャヒディン(Peop­le"s Mujahedin)がよく知られている。
ソ連軍の撤退以降、ムジャーヒディーン各派はアフガニスタンでの主導権をめぐり対立、­軍閥化していった。後にパキスタン軍統合情報局が支援するターリバーンが台頭すると、­ムジャーヒディーンの諸派は連合し北部同盟としてこれに対抗した。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=CWK9j41BY6c&feature=youtu.be

	
ヒラリー・クリントン-私達がアルカイダを作った / 衆議院予算委員会 | 1:58:58経過
	

ヒラリー・クリントンがついに「アル・カイダは我々が作った」と喋った!!

このビデオヒラリークリントン、米国政府はソ連と戦うために作成され、アルカイダの資金と認めていると、彼女はさらに良いこととして考えている。しかし、彼女はアメリカ人が最近、アルカイダと戦っていると主張している。あなたは本当にアルカイダとの戦いした場合、scumsし、リビアでカダフィの政府を打倒するために使用されるテロリストたちは... アメリカのメディアは、x-テロリストまたはx-ジハードのように"AldelハキムBelhaj"について説明します。どのように面白いと偽善者!
彼の脳が突然開発するか?または彼のxジハードたマーク何ですか?唯一の理由は一つだけあります... アメリカ人は彼を求め、その結果、彼らは彼のページを白く、彼は突然X-ジハードになりました... アメリカ人は彼のサービスを必要としないとき...再びアクティブジハード彼を見るために数年を待た
アルカイダは米国政府のベッドはありません... 私たちは歴史を確認し、アルカイダの行為は唯一の米国の外交政策を務めたことが見てみましょう... アルカイダのテロリストは、米国政府によって効率的に使用されている多目的戦闘機です。...

BBC - CIAによって発明されオサマ·ビン·ラディンは、CIAエージェント&アル·カイダが存在しませんでした

出典:http://ameblo.jp/m-ken-net/entry-11260883245.html

	
9.11 アメリカの自作自演テロの、決定的証言VTR  ヒラリー・クリントン-私達がアルカイダを作った 「パリ同時テロの真相について」
	
記事日時:8時間51分57秒前 (2012/05/26 02:45:26) / 収集日時:44分12秒前
現役のアメリカ国務長官であるヒラリー・クリントンがついに「アル・カイダは我々が作った」と喋っています。

これはネット上の風聞、単なる噂話ではないので、アメリカ国民がこれを知ったら、えらいことになりそうですが・・・ このビデオでヒラリー・クリントンは、米国政府が、ソビエト連邦と戦うためにアル・カイダを養成するために資金を供給してきた事は認めたものの、しかしそれは良い事であったと考えているようです。

内容は大体次のようなものです。
▽今日アメリカがアル・カイダと戦っているという主張があるが、もしアメリカが本当にアル・カイダと戦っているなら、アメリカがリビアで…カダフィーの政府を倒すのに利用した、クズのようなテロリストは誰なのか。

アメリカのメディアは、「アルデル・ハキム・ベルハジ」をテロリスト或いは聖戦論者と説明している。

それは何ともおかしな偽善ではないか! 彼の脳は突然進化したのか?また、彼に聖戦論者の印を付けた理由は何か? 理由は唯一つ… アメリカが彼を必要としていたからだ。
彼ら(CIA)は彼の過去を消した。

そして、彼は突然、聖戦論者になったのだ。
数年後アメリカが彼のサービスを必要とする時、彼はまた活動的な聖戦論者になって戻ってくるだろう… アル・カイダは米国政府のベッドから出なかった、 歴史を再検討して、アル・カイダ条例が米国外交政策だけに役立ったのを検証しょう… アル・カイダのテロリストは、米国政府によって効率的に使用されている多目的のファイター(戦闘員)である。

ワオ!なんてこったい!アル・カイダは米国の多目的ファイターだと! アル・カイダを雇って人殺しをさせることは国益で良いことだと言っているのです。

自己正当化でしょうが、ここまで開き直られると呆れて物が言えなくなります。
「広島、長崎に原爆を投下したのは早期戦争終結のために最良の決断だった」という論法と同じです。

シオニストと言う奴等は何と人間離れした思考をする生き物でしょうか。
米国政府は目的のためなら手段は選ばない、殺人集団が握っているのです。
アメリカの主要産業は戦争と金融詐欺です。

石油メジャーの為に中東や南米の産油国に民主主義化せよと言いがかりをつけ、戦争を仕掛けては民衆を殺し、指導者を殺し、国を破壊して油田を乗っ取り石油資本に利権を渡す。

また

金融メジャーの為にFRBとウオールストリートの株屋が結託して巨大なマーケット(博打場)を開き、世界中の客の金をデリバテイヴというイカサマ賭博で根こそぎ奪い取り、金融資本を太らせるのが常套手段です。

アメリカの政治家はこの資本家たちのために働いているのであって、国民の為に働いている訳ではないのです。

彼等は二言目には国益と言いますが、それは国益ではなく資本家の利益でしかありません。
ヒラリーがアル・カイダの正当性を主張するのも、それが国益(雇い主の利益)に沿ったものであるから良い事なのだ、何か文句があるか?と言うところでしょう。

このような悪辣な国は地球上どこを探しても見当たりません。

旧ソ連も中国もこれにはとても敵いません。
良識ある普通のアメリカ国民は、これになんの反応もしないのでしょうかね。
米軍は今でもアフガンやイラクから撤退していませんし、無意味に米兵がいて死んでいます。
怒り狂う人々が出てきてもおかしくないのですが・・・ アメリカン・ドリーム最後の輝きがマーク・ザッカーバーグでした。

フェイスブックの上場でうなぎ上りに株価がつり上がるかと思いきや、上場後に急落して、空売り筋は借り株の手当てに大幅なプレミアムの支払いを迫られているとのこと、専門家筋はフェイスブックがアメリカを潰すきっかけになると見ているようです。

次の動画はイギリスの公共放送「BBC」が製作したレポートで、オサマ・ビン・ラディンはCIAのエージェントであり、アル・カイダなど存在しない、アル・カイダはCIAの発明品だと言っています。

ブッシュとイギリスのトニー・ブレアが大きく関与している事を伝えています。

出典:http://ameblo.jp/m-ken-net/entry-11260883245.html

	
ネットの普及で社会の建前と本音、つまり表舞台と裏舞台が混在としてきた
世界中で人々は政府やマスコミが報道する表舞台の建前など聞かなくなりつつある
そしてネットの普及で飛び出してくる裏舞台の本音が人々の関心を集めるように
なってきた
キュレーションというネット情報をまとめ(再編集)コメントを付けて再発信する
このようなシステムは時代が生んだ新情報システムだと思う
情報は選択収集する時代からコミュニケーションする時代へと変化している

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21