• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
三重県中3女子死亡事件とは

サムネイル出典:

三重県中3女子死亡事件とは

Author:
sicsic
Posted date:
三重県中3女子死亡事件とは

三重県中3女子死亡事件

三重県中3女子死亡事件(みえけんちゅうさんじょししぼうじけん)とは、2013年8月25日午後10時55分頃に三重県三重郡朝日町で発生した事件。

三重県警による正式な呼称は 三重郡朝日町地内における女子中学生強盗殺人・死体遺棄事件。

当初は強盗殺人事件として扱われたが、強制わいせつ致死罪・窃盗罪での立件となった。

遺体が見つかった現場付近を調べる捜査員

			
2013年8月29日、三重県朝日町の空き地でパトロール中の警官が10代とみられる女性の遺体を発見した。県警は翌30日、この女性が25日から行方不明になっていた同県四日市市山村町の中学3年、寺輪博美さん(当時15歳)と確認したと発表した。

空き地で発見された財布からは現金数千円が奪われており、県警は強盗殺人、死体遺棄事件として四日市北署に捜査本部を設置、本格的な捜査を始めた。 

捜査本部によると、司法解剖の結果、死因は窒息死の疑いが強く、25日深夜に殺害されたと推定される。首を強く絞められた跡がないことから、口をふさぐなどをして殺害された可能性があるという。

寺輪さんは発見当時、下着は着用していたがその他の衣服をつけず、仰向けに倒れており、目立った外傷はなかった。遺体のそばからは、25日に着ていた服やかばん、財布、携帯電話などが見つかった。財布からは札がなくなっており、小銭だけが残されていた。寺輪さんは22日が15歳の誕生日で、両親からもらった小遣いで買い物をしたが、財布には現金数千円が残っていたとみられるという。

寺輪さんは25日朝から友人と遊びに出かけ、午後からは別の友人と四日市市内で開催された花火大会に参加。午後10時45分ごろ、友人と自宅最寄りのJR朝日駅近くのスーパーの前で別れた。徒歩で帰宅途中に行方不明になり、27日夜に父親が所在不明の届け出をしていた。寺輪さんは会社員の父親(45歳)、看護師の母親(45歳)、大学生の兄(19歳)と高校生の姉(16歳)との5人家族。

寺輪さんはスーパーで友人と別れた際、スマートフォンの通話アプリ「LINE(ライン)」で姉に「今から帰る」というメッセージを送り、帰路についた。 スーパーは午前0時までの深夜営業。その前を片側1車線の県道が東西に走る。スーパーの向かいにはコンビニエンスストアがあり、県道に沿って住宅も並ぶ。夜間でもこの辺りは比較的明るい。ところが、スーパーを50メートルほど進むと、街灯も人通りも途端になくなってしまう。点在する民家から漏れてくる電灯の明かり以外はまったくの暗闇だ。 

寺輪さんの生存をうかがわせる最後の痕跡となったのが、25日午後10時55分にLINEで友人に送られたメッセージだ。カラオケに行くとの連絡に「いいね」との返信があった。その22分後の11時17分に、帰宅が遅いのを心配した姉がスマートフォンに2回電話をかけたが、呼び出し音は鳴ってもつながることはなかった。 

遺体が遺棄されていた空き地はスーパーから歩いて約10分。県道に面した南側に高さ5メートル前後の雑木が生え、ちょうどドライバーらの視界をさえぎる形になっている。遺体発見前日の28日午後、犬の散歩で空き地の脇を通ったという女性は「遺体にはまったく気づかなかった。ここは夜になると本当に真っ暗。足元も見えないくらいで怖い。地元の人でも夜は近寄らない」と証言した。

現場の空き地から寺輪さんの自宅までは西にさらに約700メートル。スーパーからの帰路だと、空き地付近がちょうど中間地点にあたる。寺輪さんがLINEを使った30分後には、すでに携帯電話の電源が入っていない状態だった。距離にして約700メートル、時間にして30分の間に何者かに襲われた可能性が高いとみられる。 

警察は、面識の無い人物に現場付近で突然襲われた可能性があるとみて、寺輪さんの所持品からは指紋を、現場付近からは複数の髪の毛や足跡、タイヤ痕などを採取し、関連を詳しく捜査したが、有力な手がかりは掴めなかった。 

しかしその後の調べで、財布の内側やスマートフォンから、寺輪さん以外の指紋が検出されたことが分かった。過去に県警が採取し保存していた指紋と合致したものは現時点で確認されていないが、財布の現金が全てなくなっていることなどから、四日市北署捜査本部は事件に関与した人物につながる可能性があるとしている。 

また、寺輪さんが襲撃されたとみられる25日深夜の時間帯に、現場の脇道に進入する不審な軽乗用車が目撃されていたことも判明。同じ時間帯にこの脇道に住人や車が入ることはほとんどないといい、捜査本部は目撃された車が事件に関係している可能性もあるとみている。

事件から3か月が経過した11月28日、警察庁は犯人逮捕に結びつく有力情報の提供者に最高300万円の公的懸賞金(捜査特別報奨金)を支払うことを決めた。期間は11月28日から1年間。三重県警のホームページなどに広告を掲載したほか、全国の交番や市役所などに約2万5千枚のポスターを掲示した。捜査本部は110人態勢で捜査を続けており、これまでに5000人を超える捜査員を投入、400件以上の情報提供があったが、容疑者特定に至るようなものはないという。

出典:三重県朝日町女子中学生殺害事件 (2013年8月) 未解決事件X

	
	

逮捕

事件から半年近くたった2014年3月2日夜、四日市北署の捜査本部は強盗殺人の容疑で朝日町に住む少年B(当時18歳)を逮捕した。捜査本部は少年が前日に高校を卒業するタイミングを待って捜査を進めており、同日朝から少年を任意同行し事情聴取や自宅の家宅捜索をして裏付けを進めていた。三重県警は捜査員延べ約8000名を投入し、付近の約100か所に設置された防犯カメラの映像を解析し、現場周辺の近隣住民などへの聞き込みや現場で集めた証拠からBが事件を実行した疑いがあると判断した。

2014年3月23日、強盗殺人の疑いでBは津家庭裁判所に送致された。同日、家裁は2週間の観護措置と少年審判を開始する事を決定した。Bは「私が犯人です。1人でやった」と容疑を認めている。

2014年4月25日、津地検は強制わいせつ致死・窃盗罪で少年Bを起訴した。強盗殺人の疑いで逮捕されたBを強制わいせつ致死罪などで起訴したことに関して、地検の柴田真次席検事は「殺意を証明する証拠を集めることができなかった。遺族には引き続き、処分の理由を誠実、丁寧に説明したい」としている。

6月26日、三重県警は犯人逮捕に繋がる情報を提供した2人に報奨金を計200万円支払うと発表した。捜査特別報奨金の対象事件の内、容疑者不明の事件で報奨金が支給されるのは本事件が初。

出典:三重県中3女子死亡事件 - Wikipedia

	

被害者と容疑者

被害者

明るい性格で父親想いであり、多くの人に親しまれていた。事件がなければ、2014年3月7日に卒業式を迎える予定であった。
遺族は、自宅ポストに「遺族・親族一同」として、「犯人の行為は決して許すことができず、厳罰を望んでいます」と記した紙を張り出した。
Aの両親(共に45歳)はBが強盗殺人ではなく、強制わいせつ致死等で起訴されると、事件後初となる記者会見を開いて「納得できない部分があるが、裁判所は重い判決を下してほしい」と述べた。

出典:三重県中3女子死亡事件 - Wikipedia

	

被害者の寺輪博美さん(15)

			
容疑者

県立高校の3年生(男子)で、皆に慕われる明るい性格。前日の卒業式には出席し、友人と談笑していた。同級生らは「信じられない」と動揺していた。友人によると、成績も良く、友人も多かった。

出典:三重県中3女子死亡事件 - Wikipedia

	

近隣に住む男性によると、両親と祖父母、妹二人の7人暮らしで、家族仲も円満だと感じたという。

			

ツイッター上で自分が事件と無関係であることを装っていた?

彼と面識のある人たちは、おとなしくて、目立たないSが犯人だったと知って一様に驚きを隠さない。
だが、一方で事件後のSは、自分の犯行をおくびにも出さなかった。
Sは寺輪さんの遺体発見直後からツイッターに『地元の朝日町で女子中学生の死体が見つかったって』『手の震え止まらん』などと頻繁に書き込んでおり、県警は彼が自分が事件と無関係であることを装っていたと見ている。

出典:こくまろトレンディ

	

地元の朝日町で女子中学生の死体が見つかったって』『手の震え止まらん』

			

三重県中3女子死亡事件

			

三重中3女子殺害事件での心霊写真?

友人へのインタビュー

			

拡大

バックミラーに被害者らしき顔が、、、

裁判

審理は裁判員裁判により行われ、2015年3月24日、津地裁は少年に対して懲役5年以上9年以下の不定期刑の判決を言い渡した。

出典:三重県中3女子死亡事件 - Wikipedia

	

オススメのまとめ

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
sic