• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<・・・狂気の社会では正常な者が危ない奴になってしまう> 『拡散希望』ー【これほどの「狂気」政策を平気で行うことに対して、参議院選挙で「一切」争点にならないのは、あまりにも恐ろしすぎる。】

<・・・狂気の社会では正常な者が危ない奴になってしまう> 『拡散希望』ー【これほどの「狂気」政策を平気で行うことに対して、参議院選挙で「一切」争点にならないのは、あまりにも恐ろしすぎる。】

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
<・・・狂気の社会では正常な者が危ない奴になってしまう> 『拡散希望』ー【これほどの「狂気」政策を平気で行うことに対して、参議院選挙で「一切」争点にならないのは、あまりにも恐ろしすぎる。】

~安倍政権は数兆円かけて汚染地帯から剥ぎ取った、8000 Bq/kgの「汚染土」を全国の公共事業に利用して、放射性物質を拡散させる狂気の沙汰の安倍政権。野党など、本来は報道しないために、知らない人が多いが、「格好の」攻撃材料であるはずなのに、今の所どこからも聞こえてこない。~

こんな政府行政の広報紙などいらない!

政府が次々に放射能の基準値を緩和しています。 まず、作業員の被ばく線量を100ミリシーベルトから500ミリシーベルトに引き上げ、その後も除染目標値の大幅な緩和等が政府から提言されました。また、今まで「1ミリシーベルト以下」だった避難指示解除の基準値も20倍の「20ミリシーベルト」に変更されています。

隠ぺい・デタラメ・ズサン。人命軽視 

毎日新聞に凄い記事がでていました。
汚染土の再利用問題です。隠ぺい、デタラメです!
環境省の検討会が再利用の方針を決めた際、法定の安全基準まで放射能濃度が減るのに170年かかるとの試算を非公開会合で示されながら、長期管理の可否判断を先送りしていたことが分かったのです。

【捨てているだけ…熊本一規・明治学院大教授(環境政策)の話】
汚染管理は、一般人を立ち入らせないことや汚染物が埋まっていることを知らせるなどの要件を満たすことが必要なんです。 道路など公共物に使いながら170年間も管理するのはあまりに非現実的です。70年の耐用年数とも完全に矛盾しています。 このような措置は管理に当たらないし、責任を取らないと言っているに等しいのです。実態としては捨てているだけでです。

出典:『拡散希望』ー【これほどの「狂気」政策を平気で行うことに対して、参議院選挙で「一切」争点にならないのは、あまりにも恐ろしすぎる。】 ( 原発問題 ) - 山と土と樹を好きな漁師 - Yahoo!ブログ

	

【汚染土の「管理に170年」…安全判断先送り、再利用方針】 毎日新聞  2016年6月27日 08時00分

 東京電力福島第1原発事故に伴う除染で出た汚染土を巡り、環境省の検討会が再利用の方針を決めた際、法定の安全基準まで放射能濃度が減るのに170年かかるとの試算を非公開会合で示されながら、長期管理の可否判断を先送りしていたことが分かった。 環境省は汚染土を道路の盛り土などに再利用し、コンクリートで覆うことなどで放射線を遮蔽(しゃへい)するとしているが、非公開会合では盛り土の耐用年数を70年と提示。 道路の供用終了後も100年間の管理が必要で、専門家は「隔離もせずに計170年もの管理をできるはずがない」と厳しく批判している。
ーー以下略ーー
そして、更に『隠ぺい・デタラメ・ズサン。人命軽視』の恐怖。
今年4月13日の参院東日本大震災復興・原子力問題特別委員会で丸川珠代環境相はようやく存在を認めたのです。
 しかし、議事録などは「公にすれば誤解や混乱を生む可能性がある」と公開を拒否しています。
 2月16日の非公開会合で佐藤委員長は「親委員会である戦略検討会へのWGの結論の出し方も考えなくてはならない」と発言、環境省の担当者も「検討会は公開の議論なので出し方に注意が必要」と応じ、保秘の姿勢を強く示しているのです。

出典:『拡散希望』ー【これほどの「狂気」政策を平気で行うことに対して、参議院選挙で「一切」争点にならないのは、あまりにも恐ろしすぎる。】 ( 原発問題 ) - 山と土と樹を好きな漁師 - Yahoo!ブログ

	

汚染土の二重基準隠し、再利用へ「理論武装」

 「環境省非公開会合」ー「ダブルスタンダード(二重基準)としか読めない」。東京電力福島第1原発事故に伴う除染で出た汚染土の再利用を巡り、管理期間を170年と試算しながらその可否について判断を先送りした環境省の非公開会合は、法令が定める二つの基準の整合性が議論の中心となった。議論を取り仕切る委員長からは「この会合はその(二重基準と言われない)準備のための理論武装と考えている」との発言も飛び出した。
ーー以下略ーー
【放射能被曝基準緩和 人的リスクは配慮なし】

 この国は、放射能被曝基準を、【20倍】にまで上げてしまった。
1mSv/y という法定国際基準を、20mSv/y にまで上げ、
子供、妊婦までに強いている。遺伝子不安定性のリスクは、細胞分裂頻度に依存するため、幼児子供は、少なくとも数倍以上のリスクファクターを見る必要がある。(胎児に対するリスクは、途方もない。人間の細胞数は、1(受精卵)からスタートし、数兆(一般成人)に至る。)
20mSv/yということは、5年で累積100mSvとなる。外部被曝と内部被曝を伝統的に恣意的に混同してきたIAEA関係者(特に環境省が神格化しているUNSCEAR)でさえ、100mSvを許容しているものでは全くない。
(ICRPが、核事故時に、20mSv/yを許容したのは、あくまで緊急避難的に、事故収束のために用意したものであって。日常を想定したものでは全くない。)
いずれも数倍から数十倍の大幅な緩和で、「時間とともに放射能は減る」という政府の方針とは矛盾していると言えることです。
放射能が時間とともに減っているのならば、逆に基準値を厳格化するべきはずです。
それなのに基準値の緩和を次々に検討しているということは、放射能が予想よりも減っていないということを意味しています。
▼1ミリシーベルトが国際機銃なのに、20ミリシーベルトまで緩和。人命軽視としか言いようがありません。5年で100ミリシーベルトになります。原子力規制委員会を信じてはいけません。必ず、後で裁判沙汰になります。

出典:『拡散希望』ー【これほどの「狂気」政策を平気で行うことに対して、参議院選挙で「一切」争点にならないのは、あまりにも恐ろしすぎる。】 ( 原発問題 ) - 山と土と樹を好きな漁師 - Yahoo!ブログ

	
汚染土「濃度減衰まで170年」 環境省非公開会合で試算を議論

「再利用後、放射性物質として扱う必要がなくなる濃度に減衰するまで170年かかる」との試算が議論されていたことが27日、関係者への取材で分かった。

6/27
	
「原発事故」という「大量殺人」が現在進行中です・・・
(・震災がれきの焼却・汚染土の再利用・etc…国の対応も含む…)

「大量殺人起きない国でなぜ?」…欧米でも報道
	
紙面【総合 核心】福島第一原発事故に伴う除染で出た膨大な汚染土の公共工事再利用、引き受け手見えず。流通可能100ベクレルだが... 濃度80倍 二重基準に疑問。ほか 詳しくは本日(7月21日付)東京新聞朝刊にて。
	
放射能汚染土、セメント材として再利用へ 福島県環境創造センター全面開所
福島民友 7/22


汚染土の総量は約2200万立方m(東京ドーム約18個分)
実用化で9割減…

ひ━━━!!
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21