• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
バッキー事件の「栗山龍」まとめ

サムネイル出典:

バッキー事件の「栗山龍」まとめ

Author:
sicsic
Posted date:
バッキー事件の「栗山龍」まとめ

バッキー事件

2004年6月、暴力的な鬼畜行為(監禁・集団暴行・拷問)を売りにするAVメーカー「バッキービジュアルプランニング」の撮影で出演女優が全治4カ月の重傷を負った。半年後、バッキー代表・栗山龍ら計8名が強制わいせつ傷害の容疑で警視庁に逮捕され、12月中旬にはマスコミも栗山代表の逮捕を報じた。

この件は起訴に至らなかった。しかし栗山代表逮捕をきっかけに泣き寝入りしていた被害者たちが続々と被害届を提出、05年3月に再び関係者が逮捕された。以前からバッキーは撮影現場で常習的に暴行を繰り返しているとの噂があったが、裁判の進行とともにその実態が明らかにされつつある。

バッキー事件の経過

2004年6月下旬、バッキービジュアルプランニング(以下バッキー)は東京都豊島区の居酒屋でAV女優に薬物(脱法ドラッグ)を吸わせ、同区西池袋のマンションに連れ込み猥褻行為を撮影しながら肛門に浣腸器具を挿入、器具を破裂させ直腸穿孔、肛門裂傷により全治4ヶ月の重傷を負わせた。処置が遅ければ死亡していた可能性もある悪質な犯行であり、警察が動くこととなった(直腸穿孔の40%は手術後死亡すると言われている)。12月16日、上記の疑いで、K代表、H責任者ら8人が強制わいせつの疑いで逮捕された。

この会社は以前から監禁、陰毛焼き、水責め、強制飲酒を含む暴行系ビデオを大量に製作し、さらに「監禁友の会」を発足してDVD購入者を対象とした撮影参加エキストラの公募を行っていた。いずれも撮影の詳細について女優には殆ど知らされずにこうした暴行ビデオの撮影が強行されていた。

逮捕された関係者は証拠不十分で処分保留のまま釈放されたがこの事件以降、池袋署の組織犯罪対策本部が本腰をいれて、バッキー壊滅に向けて動き出すことになった。バッキーに出演した女優が次々と警察の説得で被害届を提出し、2005年3月には関係者らが再び逮捕される。撮影スタッフに罪をなすりつけていた代表も2006年2月に強姦致傷容疑で逮捕・起訴された。

主犯とされる会社代表の男と監督の男は東京地方裁判所に起訴され、2007年10月5日には会社代表の男の論告求刑公判が開かれた。論告では、軽いレイプものの撮影であると言い一人の女性に対し2、30人で暴行を加えたり、手足を縛り顔を水中に沈めたりするなど、演出の度を越えた暴力の実態が明らかになった。被告人に反省の色もみられず情状酌量の余地はないとして検察は懲役20年を求刑したが、その際も被告人はうすら笑いを浮かべていたという。

その後2007年12月19日に、会社代表の男に対しては一審・二審で懲役18年の判決が言い渡された。

出典:バッキー事件 - Wikipedia

	

他に行われていた行為

●プールで水に沈められ水中で嘔吐。繰り返し。

●ホースで無理やり水を飲ませられ嘔吐。繰り返し。

●ロートを使ってビールを何度も胃に流し込む。嘔吐。嫌がっても繰り返し。

出典:鬼畜系AV会社バッキーのAVってどれくらい酷いの?【2ちゃんね...

	

バッキー事件での逮捕者

栗山龍

			

ハリケーン三郎

本名濱田 太平洋
別名ぽぽい三郎、最響太平洋
役職現場責任者

バッキー事件を風化させない

	

バッキー事件について Q&A

Q どうせヤラセじゃないの?
A 事前承諾がどこまで取れていたかについてですが、 女優は何をどこまでやられるか知らされていなかった可能性がかなり高いようです。 
女優の所属するプロダクションは知っていた可能性が高いようです。ビデオは本物が売り文句です。


Q 金もらってやってたんでしょ。AV女優の自業自得じゃないの?
A 本人の認識している契約内容と実際行われた行為に開きがあったとしたら、 自己責任の問題ではなく法律上、実行犯の傷害罪・詐欺罪が成立する可能性があります。

Q 全部宣伝でしょ?
A 事実です。暴行、傷害、詐欺は当てはまると思われます。ビデオの内容を見ると殺人未遂すら当てはまりそうと思う残虐さです。

Q なんで集団でやられてるの?ビデオの撮影なんでしょ?断ればいいじゃない。
A 強制です。監禁に近い状態で撮影され男優のしようとすることを断るとすごい勢いで罵倒され、殴られ、蹴られ、失神するまで水に沈められます。

Q 女優は契約してたんでしょ?
A レイプ物(疑似レイプ)として契約したんなら、女性の意志が無視された時点で本当のレイプとなり、契約違反となると考えられます。強制飲酒や暴力、脅し、水責めなど、契約者の正常な意志を失わせる行為も違法行為であると考えられます。契約内容云々の民法じゃなく、刑法の領域です。
映画の撮影で「拷問のシーンをやります」といって、本当に顔を激しく殴打したりタバコの火を押し付けたら犯罪です。あくまで演技というのが前提条件。
怪我をさせたら、相手が了承したとしても犯罪。
実行犯は相手の女優が何度も辞めてと言っているのに続けたので犯罪です。

出典:

	

バッキー事件を取り上げた週刊誌

◆週刊ポスト 1/21号 2005/01/04発売

			

◆アサヒ芸能 1/13号 2005/01/04発売

			

オススメのまとめ

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
sic