• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
池袋中国人女性射殺事件の「曹剣平」とは

サムネイル出典:

池袋中国人女性射殺事件の「曹剣平」とは

Author:
sicsic
Posted date:
池袋中国人女性射殺事件の「曹剣平」とは

池袋中国人女性射殺事件

2004年7月6日午後10時40分ごろ、東京都豊島区池袋2丁目の「サクラホテル池袋別館」1階のカフェテラスで、客の女性が、拳銃で撃たれた。女性は病院に運ばれたが、胸とあごを撃たれており、間もなく死亡が確認された。男性店員が、女性と一緒に来ていた男を店前の路上で取り押さえ、警視庁池袋署員に引き渡した。

 組織犯罪対策2課によると、殺人未遂容疑で逮捕された男は中国籍の職業不詳、曹剣平容疑者(54)=板橋区大谷口上町。調べに対し、黙秘しており、組対2課は、容疑を殺人に切り替えて調べている。死亡した女性は、中国籍の50代の妻とみられ、身元の確認をしている。
 曹容疑者は女性と来店後、口論になり、バッグから拳銃を出して立ち、いきなり女性を撃ったという。警視庁は現場から回転式拳銃1丁を押収し、入手ルートを調べる。店には当時、10人以上の客がいた。現場はJR池袋駅から数百メートル北西の繁華街の一角。

出典:ライブドアブログ(livedoor Blog)| 読みたいブログが見つかる

	
オープンテラスのテーブル席では、曹容疑者と妻の何梅娟さんが向かい合って話をしていたが、曹容疑者が突然、傍らのバッグから回転式拳銃を取り出して立ち上がり、何さんに歩み寄って発砲した。

 「パン! パン!」

 乾いた銃声が2度、響いた直後、何さんの左胸とあごを銃弾が貫き、何さんは大量の血を吹き出し、その場で倒れこんだ。客たちの悲鳴が上がり、店内はたちまちパニックに陥った。

出典:Yahoo!ニュース

	

現場:「サクラホテル池袋別館」1階のカフェテラス

			

男性店員が、女性と一緒に来ていた男を店前の路上で取り押さえ、警視庁池袋署員に引き渡した

			

事件当時の様子

サクラカフェで発砲事件発生とのこと。
俺のアジトが•••あぁ•••
	

原因は夫婦喧嘩?

女性は病院に運ばれましたが、その後死亡が確認されました。 
「抵抗してるような言葉だった。もしかしたら日本人じゃないねと話してた」(現場近くにいた人)
取り調べに対し、曹容疑者は黙秘しています。2人は事件直前に店内で言い争っていた
ということで、警視庁は2人の間にトラブルがあったとみて、詳しいいきさつを調べています。 

出典:【続報】池袋で女性撃たれ死亡、板橋区に住む中国人の曹剣平...

	

原因は夫婦喧嘩?

			

11 歳娘を無事保護

警視庁は行方が分からなくなっていた曹剣平容疑者の 11 歳の娘を無事に保護した事を明らかにした。射殺された妻の知人の家に預けられていた。射殺された妻と 11 歳の娘は 1 日から知人宅やホテルを転々としていたといいい、曹剣平容疑者と妻との間に何らかのトラブルがあったとみて詳しい経緯を調べている。

出典:

	

日常的に暴力か

何さんが入国したのは、曹容疑者の8年後の平成20年3月。別の男性との間に小学5年生になる娘(11)をもうけており、事件直前まで曹容疑者、何さん、娘の3人で一緒に生活していた。

 「お父さんとお母さんがけんかをしている」

 今年1月15日、夫婦げんかを見かねた娘から、110番通報があり、池袋署員が夫婦から事情聴取。何さんがけがなどをしていなかったため、注意するだけにとどまったという。

 その後、何さんや娘から家庭内暴力(DV)やストーカーなどの相談はなかったが、水面下で日常的に暴力が繰り返されていたとみられる。事件6日前の7月1日、何さんは娘とともに曹容疑者の自宅をひそかに出ていった。

 曹容疑者は同日、「妻と娘がいなくなった。普段からけんかをしていたので出ていったのかもしれない」と110番通報。「もしかしたら池袋署に妻が相談に行くかもしれない」とも話したという。結局、何さんが同署を訪れることはなく、事件は起きた。

 娘は事件後、行方が分からなくなっていたが、7日午後5時ごろ、何さんの知人とともに現場を訪れたところを保護された。ニュースで事件を知り、動揺した様子だったという。

 何さんと娘は自宅を出た後、ホテルや知人宅を転々としていた。何さんは事件当日、娘を知人宅に預け、曹容疑者と今後の生活についての話し合いをしていたとみられる。娘は「父がいじめるから母と家を出た」などと話している。

出典:Yahoo!ニュース

	

曹剣平容疑者

			

中国人男は「ドラゴン」メンバー 覚醒剤反応

東京・池袋の喫茶店で、中国籍の何梅娟さん(51)が射殺された事件で、殺人容疑で送検された夫で中国籍の曹剣平容疑者(54)が中国残留孤児の2、3世で構成される不良グループ「怒羅権(ドラゴン)」のメンバーだったことが17日、捜査関係者への取材で分かった。曹容疑者の尿から覚醒剤が検出されており、警視庁組織犯罪対策2課は覚せい剤取締法違反(使用)容疑での立件も視野に捜査している。

 同課によると、曹容疑者は当初、ドラゴンには所属していないとみられていたが、交友関係などを捜査した結果、メンバーと接触を重ねていたことが判明。新たにメンバーと認定した。曹容疑者宅からは覚醒剤とみられる白い結晶約50グラムが見つかっており、同課は成分鑑定を進めている。

出典:

	

怒羅権

怒羅権(“ドラゴン”)は、日本の首都圏を拠点に活動する、中国残留孤児の2世ならびに3世が人員の中核を占める暴走族。成人した構成員らは東北系チャイニーズマフィア(東北幇)と連携し裏社会にも進出している。
池袋や新宿歌舞伎町を中心に活動する怒羅権メンバーの凶暴さは関東連合以上だ。 
グループの成り立ちは差別や貧困を背景にしたもので、組織名は日本社会に対する怒り、同胞の団結、権利の意味が込められているという。 

「彼らは売春、クスリ、賭博、偽造、盗難車売買など、かつて暴力団の独擅場だった闇ビジネスに積極参入し、資金力を付けていきました。現在も合法・非合法のあらゆるシノギを持っています。 

組織の性格としては、半グレというよりむしろ“マフィア”と呼ぶのが相応しい。 
一般人を狙った強盗や殺人未遂事件も幾度となく起こしています」

出典:ライブドアブログ(livedoor Blog)| 読みたいブログが見つかる

	

オススメのまとめ

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
sic