• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
世界から見ればもはや中国も日本も50歩100歩というが・・・中国産“病死豚肉” 日本人が知らずに食べている~日刊ゲンダイ

世界から見ればもはや中国も日本も50歩100歩というが・・・中国産“病死豚肉” 日本人が知らずに食べている~日刊ゲンダイ

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
世界から見ればもはや中国も日本も50歩100歩というが・・・中国産“病死豚肉” 日本人が知らずに食べている~日刊ゲンダイ

中国公安省が11日、病死した豚の肉をベーコンや食用油に加工するなどして売りさばいていた11の犯罪グループを摘発し、110人あまりの容疑者を拘束したと明らかにした。 犯罪グループが検疫担当者に賄賂を渡し、見返りに検疫合格書を受け取っていたという中国政府のずさんな管理体制が背景にあった

 グループは農家などから病死肉を安く買い上げ、7年にわたり販売。押収された豚肉などは1000トン以上にも上る。中国では2011年以降、病死肉を販売する事件が多発し、4600件が摘発されているが、まだまだ氷山の一角のようだ。

 中国だけに「またか」との声も漏れるが、他人事じゃない。農水省によると、13年の中国のソーセージ類の輸入量は約1900万キロで、世界1位。ハム・ベーコン類も約90万キロで第3位と、日本にもかなりの加工食品が輸入されている。厚労省は「情報収集しているが、今のところ問題ない」(監視安全課)と説明するが、不安は拭いきれない。

 NPO法人「食品と暮らしの安全基金」代表の小若順一氏はこう言う。

「病死豚は加工品すれば、まず、普通の肉と見分けるのは難しい。日本に入ってきている可能性は十分考えられます。中国から輸入したソーセージやベーコンは値段が安い。低価格をウリにする外食産業は怪しいでしょう」

 すでに中国産の病死肉を食べているかもしれない。そう思うと何だか気分が悪いが、国産肉も決して安心とは言い切れないという。

「日本の豚肉の7割近く、牛肉の5割近くは一部に病気を持っているといわれます。病死すると肉は売れない。畜産農家は死ぬ前に家畜を屠畜場に持っていき、危険な部位を取り除いて売っているとの指摘もあります」(小若順一氏)

出典:中国産“病死豚肉” 日本人が知らずに食べている可能性指摘 | 日刊ゲンダイDIGITAL

	
**************
読者の皆さん~~、知ってますか?
なぜ、世界から見ると中国も日本も50歩100歩って???
この、ある種の屈辱的な視線を・・・!

それは放射能塗れの食材を安全だと嘘をついて風評被害だと嘘をついて
海外に売りつけようとするからですよ!
そして放射能漬けの食材を<食べて応援しよう>なんて狂気の日本社会にいる
日本人も放射能で頭がおかしくなってると思われ始めてますよ!

さらに日本は311から本当におかしくなってしまって
世界では使用禁止している劇薬農薬を平気で使用認可にするし
過去は厳しく使用制限していた農薬さえ基準を緩和して危険な状態の
食材が非常に数多く出回るようになってます
必死から見ても今日の日本社会は中国と50歩100歩だ!
**************
<中国食品>病死したブタの肉40トンが食卓に=政府関係者に...:レコードチャイナ
病死の豚肉を販売するとは。
	

<中国食品>病死したブタの肉40トンが食卓に=政府関係者による横流し―福建省

中国の食品は危険すぎる!病死した豚肉を5年間平気で流通させる中国人、加工されたら分らない!
	
【中国病死豚肉】中国の毒食は無くならない!有本香が毒食流通の背景を解説
	

とっくに神話崩壊の現実・・・あなたは、まだ過去の栄光によってるの? 「国産農産物が安全」だと思っているのは日本人だけ!? 中国と50歩100歩の現実!!

なぜ、そこまでして・・・どうしてもレベル7の放射能汚染国でイノシシを食べさせたいのか!

日本は世界第3位の農薬使用国。そして、有機農産物の市場シェアはG7諸国では最下位

<日本の狂気ますます加速・・・!> 日本の野菜が危険食品に。EUが使用禁止した農薬を大幅に規制緩和する暴挙

たいへんなことになってるよ・・・! 【悲報】厚労省がネオニコチノイド系農薬の食品残留基準を緩和!ほうれん草は13倍!ミツバチの大量死や発達障害の要因に! 

福島の汚染イノシシ、自治体の対応に限界か!?2016年調査でも基準の300倍の放射能!宮城では3800ベクレルを検出!

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21