• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
東電も認めた!フクイチの地下から  危険な中性子放射性  ・猛毒トリチウム殺人水蒸気!  東京に日本各地に…

サムネイル出典:

東電も認めた!フクイチの地下から 危険な中性子放射性 ・猛毒トリチウム殺人水蒸気! 東京に日本各地に…

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
東電も認めた!フクイチの地下から  危険な中性子放射性  ・猛毒トリチウム殺人水蒸気!  東京に日本各地に…

貼付の写真は福一が異常な霧に包まれている様子です。1年ほど前から発生するようになってます。メルトダウンを通り抜けメルトスルーして地下で核反応が始まり、その結果、危険な中性子放射性 ・猛毒トリチウムが水蒸気となり発生していることを東電も認めました。これが風向きで首都圏を直撃してます。そして首都圏で電車の異常な遅延は、このころから急激に顕著になってます。放射能が人体の脳を直撃し神経に作用していると考えられます

フクイチの地下から危険な 中性子放射性・殺人水蒸気! 米国の独立紙、 東京圏3800万人が 最終的に避難か!? 新たな恐怖!核燃デブリ 「地底臨界」危機進行中!

東京に日本列島に襲来! フクイチ発「猛毒トリチウム水蒸気雲」 福島原発が噴出する 濃厚な放射能雲 「核の冬」

2011年3月11日の東京電力福島第一原子力発電所の原発事故は、人類史上最悪の原子力事故となりました。その後も事態は収束する兆しが一向にありません。

今年の4月からは、地下に溶け落ちた100トン近い核燃料(デブリ)が、再臨界を起こしたために超高熱を発していて、これに地下水が流れこんで、水蒸気爆発を起こしているとしか考えられない事態が発生しています。

さらに深刻な問題は、中性子線を出す核種(プルトニウム240など)が、沸騰して蒸気化し、超微粒子(蒸気の粒)となって大気中に大量に放出されていることです。3人の核物理学者と何時間にも渡って議論を交わして、私の推論の信憑性は確認出来ています。

このプルトニウムの超微粒子を、数千万~1億人の日本人が吸い込んでしまったことは、過去4年間の内部被曝と複合して、今後、早い時期に大量の病人と死人が続発するということです。これは日本国の滅亡どころか、日本民族の消滅を意味します。

さらなる大問題は、そのプルトニウムの超微粒子が、中国やロシアにも飛んで行ったという事実です。この現況・現実を、中国とロシアは絶対に放置しません。

人類全体、そして地球の問題として、福島原発事故を収束させるために、国際社会が日本の主権を剥奪して国際管理下に置き、収束作業を開始する日が近づいています。

その際、東日本に住民がいては邪魔なので、「人道的な措置」という大義名分の下に、半ば強制的な移住が行われるでしょう。

ロシアは、チェルノブイリ以降、実質、1500万人近い人口を失っているため、これを補完するために、2000万人程度の日本人なら喜んで引き受けるはずです。

日本国内では、すでに首都圏では急病人が続出していますし、火葬場は満杯です。

今までもこれからも、放射能を甘く見るような脳天気な人たちは、これからバタバタと死んで行くでしょう。

今後の対策として、
①放射性物質の体内侵入(特に吸気)に注意して、自宅を放射能ゼロ空間にする。
②生きた植物性の乳酸菌(豆乳ヨーグルトなど)を摂取する。
③少食・粗食に徹する。
④血流・血行を促進する運動をする。
⑤身体を温める。
⑥無農薬のあらびき茶を飲む。
⑦体調が悪くなっても病院には行かず自然治癒で治す。
⑧絶対に諦めないという精神力を持つ。

是非、心と体の免疫力をアップする生活を実践して下さい。

上の 『ま と め』 は、村田光平・元スイス大使の御机下にも某筋から発信済みである。
6月27日、鷲は村田光平先生と夕食を共にした。
村田光平先生は、大変な「天才老人」で、その聡明きわまりない理解力には舌をまいた。
この夕食会の席には、遅れて新井信介氏も同席したが、同じ感想をもったという。
鷲の 『ま と め』は、村田光平先生が手を入れられたあと、世界中に発信されるはずである。

出典:http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/8baab69307df93f772d383c2f95a6610

	
命に関わる真実。
フクイチでは,巨大なデブリ(地下に沈んだ核燃料の団塊)が,露天臨界し
今もホットパーティクル(蒸気化した核物質の微粒子)を大量に上空に噴き上げている。
これを5年間、吸い続けた深刻な内部被曝による多死社会の進行。
	
急病人
生理の様に再臨界
福一の地下でどうも臨界が起きていてねんがら水蒸気
5月の時に東京を襲った放射のFogの時現地では中性子線が出ていたことが確認
臨界を起こしていなければ出るはずがない
地下水脈にデブリあるから
冷える
再臨界
冷える
再臨界
冷える
再臨界
永久に繰り返し
	
福島原発のメルトアウトしたデブリは露天原子炉状態・・時々蒸気吹き上げてる映像・・原発から海側だけに霧発生の写真も。
チャイナで無く・露天原子炉・・想定上の最悪事態は原子炉燃料棒デブリで穴掘られ地殻深く溶岩到達時に溶岩とデブリ吹き出し原子炉火山シンドローム。
	
【 2号炉はメルトスルー以上のチャイナシンドロームまでいってる。 菅総理元政策秘書松田光世氏の話 ・・・菅総理元政策秘書松田光世氏 要約書き起こしその2 】
(るいネット) ■アメリカと共同して福一を空爆しようとする計画は事実あった。
	
このような危険な状態にある事実は、facebook ページ 
<福島の真実>でなんどもお伝えしてきた・・・が、それでも大半は他人事。首都圏が危ないとも何度もお伝えしてきたが、それでも大半は他人事・・・!

それが今回の熊本の地震で誰も助けてくれない。他力本願では家族を守れないいままで何を聞いても他人事だった自分に始めて気が付いた!!というコメントがネットに目立つようになった・・・目覚める人々が出てきたのだと思う

首都圏、急病人で電車遅延がますます拡大・・・2011年から極端に急増といえば原因はおのずから見えてくる!!

放射能汚染食材や偽装食材に行列を作るゾンビの群れ・・・恐ろしや2016年の日本・首都圏・・・東日本大震災の福島以降から始まった”食べて応援”の新しい形、銀座熊本館や熊本ラーメンに行列

発狂国家を世界はいつまでも許しておかない!! 【むちゃくちゃ】福島第一・汚染水の処分方法を経産省が発表「海へ流すことが最も短期間で低コスト」

日々拡大している・・・この現実! 東京湾のセシウム汚染 印旛沼から拡散   東京新聞

無関心ゾンビの急増と放射能汚染の拡大は比例しているのか? ・・・東京は、この惨状だから関東を含めた東日本は事実上、終わっている・・・!

寄せられ続ける「突然死」の報告。それでも医師が口をつぐむ理由とは~相次ぐ「突然死」の裏で何が起こっているか

311前、新宿は2Bq/kg以下だった。福島原発爆発後の新宿は790Bq/ kg、更に増加中・・・東京電力原発事故、その恐るべき健康被害の全貌

ドイツが福島の現状を正確に伝える8分・・・全員見るべし・・・ドイツARD「放射能汚染された土地」2016年3月12日

ついにメディアが報道・・・日本、頻繁に過労死が! ロイター通信  日本で従業員の過労死による賠償の件数が増加している

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21