• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<・・・どんどん汚染拡散・・・どんどん被ばく拡大?どうなる日本という国家!> 福島沖のヒラメとマアナゴ、政府が出荷制限解除

サムネイル出典:

<・・・どんどん汚染拡散・・・どんどん被ばく拡大?どうなる日本という国家!> 福島沖のヒラメとマアナゴ、政府が出荷制限解除

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
<・・・どんどん汚染拡散・・・どんどん被ばく拡大?どうなる日本という国家!> 福島沖のヒラメとマアナゴ、政府が出荷制限解除

政府は9日、東京電力福島第一原発事故に伴う福島県沖のヒラメとマアナゴの出荷制限を解除したと発表した。どちらも海底に生息するため被ばく汚染度は格段に高いはず

 県によると、2010年までの5年間の年平均漁獲量と漁獲高はヒラメは713トン7億2900万円、マアナゴは442トン3億4700万円の主力魚種で、県は漁業の復興に弾みがつくことを期待している。

 県水産課によると、ヒラメは今年5月23日までの2年余りに検査した1078検体の放射性セシウムが、平均で1キロ・グラム当たり9・7ベクレルだった。マアナゴはこの3年半の632検体の平均は同8・2ベクレルだった。国の規制値は同100ベクレル。

 同課の担当者は「重要な魚種が解除され、今後の漁業振興に期待がかかる。他の魚種についてもデータを蓄積し、解除に向けた国との協議を続ける」と話している。解除済みはヒラメとマアナゴを加えて18種となった。残りは26種。

出典:福島沖のヒラメとマアナゴ、政府が出荷制限解除 : 経済 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

	
【ヒラメ解禁 福島漁業の前進】福島県産のヒラメとマアナゴについて、国が原発事故後にかかっていた出荷制限を解除。「ヒラメは特別な魚」と漁師は喜び。
	
福島産ヒラメ出荷制限解除―2015年10月に740ベクレルのセシウム MHLW lifts ban on flounder.Ave.9.7Bq/kg.Despite max.740Bq/kg,Oct.2015.
	
測定結果を見ると、数十ベクレルはありそうだが・・・
福島沖のヒラメ、マアナゴ解禁=政府:
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21