• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<・・・見えない闇に光を当てよう> どう考えても普通じゃない なんと自殺者54人! 自衛隊の「異常な仕事」

<・・・見えない闇に光を当てよう> どう考えても普通じゃない なんと自殺者54人! 自衛隊の「異常な仕事」

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
<・・・見えない闇に光を当てよう> どう考えても普通じゃない なんと自殺者54人! 自衛隊の「異常な仕事」

「自衛隊が「日本軍」として戦争法案前提に「軍部独走」、官僚頼みの文民統制、国会に自分たちが統制するという感覚が希薄、すでに文民統制が効かない自衛隊「別班」の諜報活動|青井未帆学習院大学教授」でも指摘しているように、「戦争法案」が強行されるようなことがあると、「人の支配ではなく法の支配を」という「法治国家」が崩れ、「法の支配ではなく人の支配」=「法の支配ではなく安倍首相の支配」が強行されることになってしまいます。そして、文民統制=シビリアンコントロールが効かないとすれば、「法の支配ではなく軍部の支配」、まさに先の戦争時と同様の「軍部の独走」が再現される危険性さえあり、その「軍部の独走」でさえ秘密保護法で国民は知ることすらできない可能性

「米兵といたら、殺される」

5月27日の国会、安保法制をめぐる衆院の特別委員会。志位和夫・共産党委員長の質問に答えて政府が認めた、ある数字に衝撃が走った。

〈"03~"09年にイラクに派遣された自衛隊員のうち、在職中に自殺したと認定された隊員は29人。うち4人はイラク派遣が原因だった〉

〈"01~"07年のテロ特措法でインド洋での給油活動に参加した隊員のうち、同様に自殺と認定された隊員は25人〉

つまり、インド洋・イラクに派遣された自衛隊員のうち、合わせて54人もの隊員が、自ら命を絶ったというのだ。

イラクについてみると、派遣された陸海空の自衛隊員は計約9310人。うち29人が自殺したのだから、およそ321人に1人になる計算だ。

時間に注目してみれば、派遣開始から現在までの12年間に毎年平均2~3人が、自ら命を絶っていったことになる。

どう考えても普通ではない、海外派遣された自衛隊員の仕事。彼らの置かれた状況とはいったい、どういうものなのか。

「米兵と一緒にいたら、殺されてしまう」

これは"05年、札幌市内の山林で、車のなかに練炭を持ちこみ自殺した陸自3佐・A氏が死の前に漏らした言葉だ。

A氏は第2次イラク復興支援群の警備中隊長に抜擢され、"04年5月からの約4ヵ月間をイラクで過ごした。自衛隊が拠点としたイラク南部の都市サマワで126人の中隊を指揮し、給水や学校、道路の補修などを行う隊員たちを守る仕事だった。

出典:どう考えても普通じゃない なんと自殺者54人! 自衛隊の「異常な仕事」  | 経済の死角 | 現代ビジネス [講談社]

	
イラク派遣中の陸上自衛隊員の自殺率は公務員の2倍、「非戦闘地域」が建前の派遣で56人の若者の命が奪われた | editor
	

NHK「クローズアップ現代」――心の不調を訴えた隊員が1割から3割も

「戦争法案」の国会審議で「軍部の独走」が次々と明らかになっています。

陸海空自衛隊のトップである河野(かわの)克俊統合幕僚長が昨年12月、米軍首脳との会談で、戦争法案の成立時期について「来年夏まで」と伝えていたことが、統合幕僚監部作成の内部文書(会談録)で明らかになりました。法案の作成はもちろん、そのための与党協議さえ始まっていない段階で成立の見通しを米側に伝達していたもので、国民や国会を無視した自衛隊の許し難い暴走です。こうした暴走を野放しにする安倍晋三政権の下で、自衛隊を「海外で戦争する軍隊」へと変貌させる戦争法案の危険性はいよいよ明らかです。

昨年4月放映されたNHK「クローズアップ現代」の「イラク派遣 10年の真実」では、イラク派遣が「隊員の精神面にも大きな影響を与えていた」として、派遣自衛官のなかでの自殺者の問題を、生々しくとりあげました。

番組では、イラク派遣から1カ月後に自殺した20代の隊員の母親のインタビューを次のように放映しました。

「派遣中の任務は宿営地の警備でした。20代の隊員を亡くした母『(息子が)「ジープの上で銃をかまえて、どこから何が飛んでくるかおっかなかった、怖かった、神経をつかった」って。夜は交代で警備をしていたようで、「交代しても寝れない状態だ」と言っていた』。息子は帰国後自衛隊でカウンセリングを受けましたが、精神状態は安定しませんでした。母親は、息子の言動の異変を心配していました。20代の隊員を亡くした母『(息子は)「おかしいんじゃ、カウンセリング」って。「命を大事にしろというよりも逆に聞こえる、自死しろ」と、「(自死)しろと言われているのと同じだ、そういうふうに聞こえてきた」と言ってた』。この数日後、息子は死を選びました」。こういう内容が放映されました。

番組では、現地に派遣された医師が、隊員の精神状態を分析した内部資料を紹介しました。内部資料には、派遣されたおよそ4000人を対象に行った心理調査の記録もありました。睡眠障害や不安など心の不調を訴えた隊員は、どの部隊も1割以上。中には3割を超える部隊もあったことが分かりました。

出典:イラク派遣中の陸上自衛隊員の自殺率は公務員の2倍、「非戦闘地域」が建前の派遣で56人の若者の命が奪われた | editor

	
息子が練炭自殺寸前まで追いつめられていたのに、自民党一強でないとネ、と自民に投票してる叔母。新卒退社そして公務員試験、試験に落ちて自衛隊に入った甥っ子もいますが、まだまだみんなジミン支持みたい。ありえねー。
	
“自殺者54人! 自衛隊の「異常な仕事」  | 経済の死角 | 現代ビジネス [講談社]”
	

やはり、昔の大本営に戻りつつあるのかも~

今回明るみに出ただけであり、自衛隊など、

もともと自殺が多いのは、世の常。つまり、

イジメがはびこっている、社会の鏡ってとこだ。

だから、民主主義じゃない。

大日本帝国主義ってとこ
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21