• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
一人暮らしで知っておきたい必要最低限な知識と法律

一人暮らしで知っておきたい必要最低限な知識と法律

Author:
eurekaeureka
Posted date:
Update date:2018年10月19日
一人暮らしで知っておきたい必要最低限な知識と法律
親の保護から出て一人で生きていくことは、世間の荒波にもまれる「社会人」としての訓練にもなります。
すでに何年か会社勤めをしてから、会社の寮や実家を出て、一人暮らしを始める人も同じです。
一人暮らしで要最低限な知識と注意事項をまとめました。

一人暮らしを始める際に身につけておきたい必要最低限な知識

引越しをする前に

賃貸を選ぶ上でこれははずせない、というようなものがあればそれもメモしておいたほうがいいですね。

出典:初めての一人暮らしの準備

	

生活できる最低限の物を揃えてみる

基本的に必要な物は自分で購入することになります。しかし、それぞれの商品を個々にチェックしていくと面倒という人も多いかと思います。

出典:一人暮らしに必要なもの

	
そこで最初は最低限必要なものだけ揃えて、生活してみて必要になったものを買い足していくことをお勧めします

出典:

	

一人暮らしの食事

一人暮らしで一番苦労するのが食事かもしれません。
仕事が出来る人は、一人暮らしでもしっかりと栄養の事を考えていますし、朝から仕事に集中できる体調を作ってきます。
これまでは栄養のバランスなど考えたことがないかもしれませんが、野菜を中心に摂るように考えてみるとか、場合によってはサプリメントなどを活用して、自己管理をしていかなければなりません。 

出典:はたらくす | 副業×転職でもっと自分らしく!

	
家賃を除けば食費が一番お金がかかる部分でもあります。

出典:はたらくす | 副業×転職でもっと自分らしく!

	

必要な物があれば買い足す

最初から全部購入するのではなく、必要になったらその都度購入していくのが賢い買い方です。

出典:一人暮らしに必要なもの

	

費用は多めに押さえておく

そして初期費用に十分なお金は確保しておきます。

出典:初めての一人暮らしの準備

	

一人暮らしを始めてから前半は費用を使うことが多々あると思うため気持ちに余裕があるぐらいはおさえておきたい

女性の方は5つポイントを押さえておきたい

オートロックが付いているか?
管理は行き届いているか?
インターホンの有無
なるべく上の階
住人の性別 

出典:一人暮らしをする女性の方へ

	
一人暮らしをする女性には危険が伴います
私は大丈夫とかではなくて何かあってからでは遅いのです
防げる事は意識して防ぎましょう 

出典:一人暮らしをする女性の方へ

	

女性の方はは一人暮らしをする際は危険がつきものです・・・セキュリティー面がキチンとなっている物件を探すことも大切です

初めての一人暮らしで知っておきたい法律の基礎知識

重要な4つの法律

・借地借家法
・民法
・宅地建物取引業法
・消費者契約法 

出典:外部サイトへ移動します

	

1、借地借家法

主に借りた人を保護するためにつくられている法律で、突然大家さんから部屋を出て行けと言われたとき、賃貸契約の更新をしないと言われたとき、また大家さんが違う人や会社に変わったときなど、正当な理由がないのに退去を求められたときに、借りた人を守ってくれる法律です。

出典:マイナビニュース

	
一度貸したら二度と戻らないという意識が生まれ、土地活用が進まないという議論が活発化したため、貸し手を保護する定期借地権制度が盛り込まれた新借地借家法が誕生しました。
なお、この新法施行以前の土地・家屋に関しては、旧法が適用されます。 

出典:借地借家法(しゃくちしゃっかほう)とは - コトバンク

	

2、民法

一般的なルールを決めるための法律で、賃貸の一般的なルールが記されています。例えば物件の又貸し禁止、物件を借りた人は決められたルールを守り、家や部屋を傷めないよう注意を払って住まなければならないことなど。また大家さんは家・部屋を使用させ利益を得るために、必要な修繕をしなければならないことなどが決められています。

出典:マイナビニュース

	

3、宅地建物取引業法

宅地建物取引業の免許を持っている人は、契約前に重要事項説明をしなければならないと決められている法律です。主に契約前の「言った」「言わない」トラブルなどで、説明義務違反がとりあげられたときに、この法律が関わってきます。

出典:マイナビニュース

	

4、消費者契約法

消費者を保護するためにつくられた法律で、上記にあげた重要事項説明でトラブルになったとき、契約の申し込みを取り消しすることができる他、明らかに損害賠償の範囲を超えている金額については払わなくてよいこと、消費者の利益が一方的に損なわれるような不当な契約は無効にできるということなどが記されている法律です。

出典:マイナビニュース

	

賃貸住宅はトラブルが多いため注意が必要

賃貸住宅って意外とトラブルが多いのです。初めて一人暮らしをする方は、どんな法律に関わり、どこでトラブルになることが多いのかなど確認しておきましょう。

合わせて読みたいまとめ

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
eureka