• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
女性ホルモンを増やすと「若さ」に差が出る!?

サムネイル出典:shimizu Oktoberfest 2008

女性ホルモンを増やすと「若さ」に差が出る!?

Author:
eurekaeureka
Posted date:
女性ホルモンを増やすと「若さ」に差が出る!?

サムネイル出典:shimizu Oktoberfest 2008

女性ホルモンを増やして、いつまでもキレイに輝きつづけましょう!

いつまでも若々しくいるために大切なのが女性ホルモンのひとつ、エストロゲンです。エストロゲンは「美人ホルモン」と呼ばれていて、女性らしい体をつくってくれるホルモンです。

加齢とともにエストロゲンは減り始め、あるとき急にエストロゲンの恩恵が受けられなくなります。
閉経や更年期は避けられませんが、工夫した生活を送ることによって若さに差が出ることも事実です。
女性ホルモンを活性化することで老化を先延ばしすることができるのです。

女性ホルモンとは?

女性ホルモンとは、性ホルモンのうち女性の性腺に大きく関与しているホルモンである。 雌性(しせい)ホルモンともいう。 

出典:女性ホルモン - Wikipedia

	
女性ホルモンをつかさどっているのは脳の視床下部という部分。 

出典:セックスがもたらす女の美 女性ホルモン 欲求不満がちょう...

	
女性ホルモンは、女性特有の体つきや体のリズムを司るもの。 

出典:男性ホルモン&女性ホルモン 素朴な疑問 | 疾患・特集 | HelC+

	

女性ホルモンとは?卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類がある?

エストロゲン=「美人ホルモン」
と
プロゲステロン=「おブスホルモン」
そもそも「ホルモン」とは、様々な器官から分泌され、代謝や神経伝達など生理機能に作用する物質を指します。「女性ホルモン」もその1つですが、実を言えば女性ホルモンという名前のホルモンは存在しません。生理・妊娠・出産に作用する「卵胞ホルモン(エストロゲン)」と「黄体ホルモン(プロゲステロン)」の2つを総称して、女性ホルモンと呼ばれています。

出典:卵胞ホルモンとは?数値を増やすにはどうすればいいの? - こ...

	
2つのホルモンは女性特有のもので、一定の周期で交互に多くなったり少なくなったりを繰り返します。これによって約28日間の月経周期が生み出されているんですよ。卵胞ホルモンと黄体ホルモンはそれぞれ異なる役割を果たしているので、それぞれ詳しくご説明していきますね。

出典:卵胞ホルモンとは?数値を増やすにはどうすればいいの? - こ...

	

卵胞ホルモン(エストロゲン)とは?どんな役割?

卵胞ホルモン(エストロゲン)には、女性らしい体つきを作って、妊娠の準備をする役割があります。具体的には、卵胞ホルモンが卵巣内の卵胞を成熟させ、排卵と受精に備えます。受精が起こると、卵胞ホルモンは子宮に作用して受精卵が着床しやすいように子宮内膜を厚くしていきます。受精前と受精後によるこの働きで、女性の体は妊娠できます。そのほかにも、自律神経を整えて気持ちを安定させたり、血流をよくして肌に潤いとハリを生み出したりと、女性にうれしい作用もあるんですよ。

出典:卵胞ホルモンとは?数値を増やすにはどうすればいいの? - こ...

	

黄体ホルモン(プロゲステロン)とは?どんな役割?

黄体ホルモンは妊娠の継続をサポートして、女性の体を守るためのホルモンです。排卵直後から受精に備えて、妊娠しやすい状態を作ります。厚くなった子宮内膜を維持する働きや、妊娠後に子供に栄養などを供給できるように体内に栄養や水分を蓄える働き、粘着性の高いおりものを排出して膣内への細菌の侵入を防ぐ働きなどがあります。しかし、卵胞ホルモンと比べると、女性にはうれしくない作用もあります。たとえば、にきびや吹き出物などの肌トラブル、腰痛、便秘、胸の張りなど様々な不快症状が引き起こされます。精神的にも憂鬱な気持ちやイライラを引き起こす原因になるのです。

出典:卵胞ホルモンとは?数値を増やすにはどうすればいいの? - こ...

	

女性ホルモンを増やせばキレイになる!

2大ホルモンのバランスが整っていると、生理が正しい周期できたり、水分量を増やし弾力性のある肌を保持、シミやニキビのない美肌、健康な強い髪、ふくよかな体などを手に入れることができるのです。 
二種類ある女性ホルモンのうちエストロゲン(美人ホルモン)が特に美しさに欠かす事ができません。 

出典:“美の源”女性ホルモンを制す! [姿勢・仕草] All About

	
女性ホルモンを増やす方法をみていきましょう!

ダイエットしない

過度なダイエットはエストロゲンの減少を引き起こします。
ダイエットにより自律神経のバランスが崩れると、エストロゲンを分泌するのに必要な性腺刺激ホルモンが減少してしまうからです。
エストロゲンが減ることで肌の調子は乱れ、女性的な魅力が減ってしまいます。
将来的には骨量の減少が心配されます。 

十分な睡眠をとる

エストロゲンは脳から出される性腺刺激ホルモンによって卵巣でつくられます。
睡眠不足が続くと脳が疲労し、正常なホルモンのコントロールが出来なくなります。十分な睡眠をとることが正常なエストロゲンの分泌に繋がります。

睡眠不足とは別に「月経前過眠症」といわれる症状があります。
これはもうひとつの女性ホルモンであるプロゲステロンが関わっています。
月経前になるとプロゲステロンの分泌が増え、体温が上がって眠くなる症状です。 

出典:今日からエストロゲンが増える10の方法 | キレイのネタが10...

	

ツボを押す

ホルモンの分泌が活発になるのは夜なので、就寝前のリラックスした状態で行うのがもっとも効果的です。手が冷たい場合は、あらかじめ少し温めておくのがおすすめです。

壇中(だんちゅう)

両方の乳首を結んだ線のちょうど中心から指1本分ほど下に、押すと少しだけくぼむところが壇中というツボです。両方の人差し指~薬指を上下に重ね、少しずつ息を吐き出しながら3~5秒ほど軽く押します。これを4~5回ほど繰り返しましょう。デリケートな部位なのでワンセットあたり1分以内にとどめるよう気をつけてくださいね。

渕腋(えんえき)

両方の乳首を結んだ線を体の外側に伸ばし、わきの下と交差する点が渕腋というツボです。両方の親指で、左右同時にやや強めに押しましょう。1回の刺激は3秒ほど、これを4~5回繰り返します。押しているときは少し痛いかもしれませんが、離したときに心地よさを感じます。

感動すること

日常のちょっとしたことに感動できれば十分ですし、感動できるものを探すだけでも、脳には良い刺激になります。
映画でも、アニメでも、何かに感動して号泣すると、この「エストロゲン」がドバッと分泌される 

出典:女性ホルモン大作戦: きっこのブログ

	
日常のちょっとしたことに感動できれば十分ですし、感動できるものを探すだけでも、脳には良い刺激になりますよ。 

出典:女性ホルモンを増やす 6つの法則

	

恋をすること

恋をしたとたん、女性はキレイになるものです。
ドキドキするようなときめきを生活にプラスしてみましょう。ときめきはホルモン活性に有効な方法なのです。 

出典: 女性ホルモンの分泌をUPさせる9つの方法 | 美肌マニアの美...

	
新たな恋を求めなくても、ご主人と手を繋いで出かけるとか、あるいは、本当の恋でなくても構わないのです。 

出典:女性ホルモンを増やす 6つの法則

	
カレシいない歴何年とかって女性にカレシができると、突然、別人みたいにキレイになったりするけど、アレって、単に幸せでキラキラしてるだけじゃなくて、「エストロゲン」の大量分泌によって実際に美しく変化してる 

出典:女性ホルモン大作戦: きっこのブログ

	

好きな香りを嗅ぐこと

古代からアロマテラピーなどで女性は美しさを探求してきました。

吸い込まれた香りの刺激によって、脳下垂体から排卵を促すなどの信号が送られます。そこで、待ちに待った女性ホルモンの分泌がはじまります 

出典:エディケアを買うのはちょっと待った!

	
あなたの好きな香りならば、なんでも良いのです。食事をする前に、料理の匂いやお味噌汁の香りをゆっくりと味わうと良いですし、食事も楽しくなりますよね。 

出典:女性ホルモンを増やす 6つの法則

	
特にアニスとフェンネルという精油には、女性ホルモンの働きを補う、トランスアネトールという成分が含まれ、女性にはお勧め 

出典:

	

趣味や興味を持つこと

趣味の楽しさ体験で女性ホルモンの分泌量が増加

今まで体験したことのないような楽しさを経験すると、女性ホルモンの分泌量が増える 

出典:女性ホルモンを増やす 6つの法則

	
趣味に没頭すると、 働きが鈍った大脳辺縁系が刺激され、その結果、性ホルモン分泌につながる 

出典:

	

女性ホルモンを増やすモノを食べること

和食

冷えは女性ホルモンを減少させます。和食には、煮物などの野菜料理が多いのでヘルシーで、冷え性の改善にも効果的です。

豆乳

大豆の中に たっぷり含まれている大豆イソフラボンが鍵。
女性ホルモンを増やしたり、エストロゲンのような働きをする食品として有名です。
牛乳の代わりに豆乳を使ってはいかがですか?

ナッツ

エストロゲン(美人ホルモン)の分泌を促す成分”ボロン”が入っています。
また、細胞膜のもと、女性ホルモンのもととなるオメガ3系のオイルが豊富です!
できれば、無塩でノーオイルのものを。
「女性ホルモンは加齢とともに減少していくもの」なんて諦めてしまわずに、自分が出来る範囲で女性ホルモンを増やす習慣を意識して取り入れてみてください。
あなたの意識次第で、女性ホルモンを増やしていつまでもキレイに輝きつづけることができますよ。

合わせて読みたいまとめ

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
eureka