• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<・・・見てくれのいい毒薬しかスーパーに並んでない> もうイチゴもトマトも食べれない。経団連会長の悪辣さ!!NO!!浸透性農薬”ネオニコチノイド”!!

<・・・見てくれのいい毒薬しかスーパーに並んでない> もうイチゴもトマトも食べれない。経団連会長の悪辣さ!!NO!!浸透性農薬”ネオニコチノイド”!!

  • Theme:
Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
<・・・見てくれのいい毒薬しかスーパーに並んでない> もうイチゴもトマトも食べれない。経団連会長の悪辣さ!!NO!!浸透性農薬”ネオニコチノイド”!!

国家は国民を守る・・・なんてのは過去の常識。今日では国民の犠牲のうえに国家が生存している。政界も行政も経済産業界も利権争奪の競争に明け暮れ、労働者と庶民消費者の永遠なる犠牲の上に構築されている。 浸透性農薬・ネオニコチノイドをご存じだろうか・・・こんなにも”腐敗した厚労省”を信じてはいけない!! 今回は経団連との癒着だ ネオニコチノイド系農薬の最大手“住友化学”会長で経団連会長の米倉氏 がごり押ししたのだ

もうイチゴもトマトも食べれない。経団連会長の悪辣さ!!NO!!浸透性農薬”ネオニコチノイド”!!
	

浸透性農薬・ネオニコチノイド・・・発達障害の原因の可能性あり

その最大の特徴は、殺虫成分が根などから作物に浸透し、作物全体に移行する「浸透性」にある。
昆虫は葉や実を食べても、樹液や蜜を吸っても毒が回り、神経をやられて死んでしまう。
・・・
このように使う側にはまことに都合がよい半面、標的以外の昆虫にはきわめて有害で、多くの国でミツバチ大量死の原因になっている
このためイミダクロプリドやクロチアニジンはフランス、ドイツ、イタリアなどで厳しい使用制限が課されている。
・・・
日本でも各地でミツバチが大量死しており、それが一因になって〇九年には
イチゴやメロンに授粉するミツバチが全国で不足し、園芸農家が困り果てる騒ぎになったが
農林水産省は抜本的な対策をとっていない
・・・
脳神経科学者の黒田洋一郎・元東京都神経科学総合研究所参事研究員によれば
米国や日本で九〇年代以降、自閉症や注意欠陥・多動性障害(ADHD)など子どもたちの脳の発達障害が激増した
原因として神経毒性をもつ殺虫剤が疑われており、米国で疫学調査の結果が出始めている
・・・
まず一昨年、より多くの有機リン系農薬に曝露された(摂取した)子どもにADHDになる率が高いことが示された
続いて昨年は、有機リン系農薬の曝露で子どもの記憶や知能指数(IQ)に悪影響が出ることを示した研究が三つも発表されている
・・・
ネオニコ系農薬は有機リン系農薬と同じように
人の重要な神経伝達物質の一つアセチルコリンの働きを攪乱する毒性をもっており、発達障害の原因になる可能性が大きい
・・・
ニコチンについては、妊婦が喫煙すると早産、低体重出産、ADHDなどの悪影響が出ることが分かっているが
ニコチンと似た構造のネオニコ系農薬に同じ毒性があっても不思議はない
・・・
この怖ろしい、浸透性農薬・ネオニコチノイドだがいくら洗っても、重層につけても落ちることは無い
ところがこのたび、世界的にこの農薬の制限が行われる中
日本では厚労省が食品残留基準を緩和することを発表した
人はもちろん、ミツバチにも他の生物、植物、生態系にも被害を与えるこのようなことが行われる背景には
もちろん、厚労省の腐った体質がある過去記事↓クリック
こんなにも”腐敗した厚労省”を信じてはいけない!!
今回は経団連との癒着だ
ネオニコチノイド系農薬の最大手“住友化学”会長で経団連会長の米倉氏
がごり押ししたのだ
まったく、金のためなら全ての動植物、自然環境を壊すのもいとわない
ケダモノ以下と呼ぶとケダモノに失礼な連中だ
僕らはこのような企業に対し、NO!をつきつけ
この農薬が使用された野菜や果物、その他の製品を買わないようにしなければならない
自分や子供の健康だけでなく、日本の自然のために

出典:http://blog.goo.ne.jp/1shig/e/bb2fc0972cef12b267633065a54a469a

	

厚労省がネオニコチノイド系農薬の食品残留基準を緩和!ほうれん草は13倍!ミツバチの大量死や発達障害の要因に!

☆ネオニコチノイド系農薬がミツバチの神経に及ぼす影響

欧州などの国々が大きくネオニコチノイド系農薬を制限した影響で、農薬を販売していたアメリカは売る場所が無くなって困っていました。
そこで、アメリカは交渉中のTPP(環太平洋経済連携協定)を利用して、日本にネオニコチノイド系農薬の規制緩和を要求します。

自民党政権になってから急速に譲歩が進み、最終的には厚生労働省が基準の大幅な緩和をすることになりました。
それが今回の決定で、正に国民不在の政治だと言えるでしょう。
恐らく、子宮頸がんワクチンみたいに後から病人が多発して、それから国が見直しに動くことになると思われます。
各自の責任で、念の為に基準値が緩くなった食品は避けたほうが無難です。

出典:http://blog.goo.ne.jp/1shig/e/bb2fc0972cef12b267633065a54a469a

	
「空中散布されたネオニコチノイドの飛散調査」年度の助成対象企画、竹ノ内敏一さんの「空中散布されたネオニコチノイドの飛散調査」の内容が、論文として日本環境化学会の査読誌『環境化学』Vol.26, No,1(2016年3月発行)に掲載
	
大手スーパー6社の中で、ほうれん草に を使いっていないスーパーはなんとゼロ。「ネオニコを使っていないほうれん草に切り替えて!」スーパーに伝えましょう→
	
ネオニコチノイド系農薬が蜂(ハチ)の脳への影響だけでなく、精子を減少させるという研究結果。ここままいくと花粉媒介者が地球規模で減少衰退へ…⇒Pesticides diminish bee sperm: study
	
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21